戦闘破壊学園ダンゲロス(1) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
制作 : 架神 恭介 
  • 講談社
3.83
  • (10)
  • (15)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 162
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063821871

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「魔人」と呼ばれる異能力者たちが、危険視され、蔑まれる世界...。その魔人たちが集まる学園があった。荒唐無稽な能力をぶつけ合う、前代未聞の学園抗争が始まる!

  • 生徒会、番長グループ、そして転校生。三つ巴の能力者バトル。

    登場人物がいきなり多い!
    しかも現実に普通にいそうな名前から、ド正義とか怨み崎death子とかぶっとんだ名前まで…一刀両断(いとりたち)に関してはふりがなが無ければどこまでが名字でどこからが名前か分からない(笑)
    生徒会の一人が原作者の名前と一緒なのは単なる遊び心か。

  • HUNTER×HUNTERと西尾維新に影響か。今のところ、グロ部分の描写がインスパイヤ元に比してセンスを感じずに嫌悪感を感じるグロになっているため、万人におすすめできない。
    [追記]
    原作者より、西尾維新の影響無しとの指摘。文章で読むと印象変わるのかも。

  • 変な能力を持った生徒が学園で戦う。
    ふざけた設定で、まじめに進めていくみたいですね。
    絵柄が趣味じゃないがヒーローズ的な感じで、まずは楽しめそう。

  • 異能バトル漫画。
    技が下ネタ・・・!

  • やっと読んだ。
    横田さんの漫画はジャンプの読み切りで知って、それがとても良かったので他の作品も読んでみたかったのです。

    この作品は内容的にはグロ系強めで色々癖も強すぎて、かなり読む体力を使いそうだったので読了遅くなってしまったけれど、やっぱり絵に力がある。
    読んでいると、自分も絵を描く元気が出ます。

    漫画っていいな…!!!

  • 冒頭から作者のキチガイぶりが発揮されていて油断ならない。
    なにがすごいってネーミングセンスが天才的にダサ過ぎて、そこが悪意に満ちている。すごい。この人狂ってる。

    そして後半からは泣かせるシーンあり、熱い展開あり、そして皆殺しと、その手の物が好きな人にはたまらない構成となっております。

  • 原作未読(積読)1巻はまだ導入部分という感じかな。これから盛り上がって行きそう。異能バトル物。

  • シリアスな絵柄のふざけた能力のギャップが面白い。原作よりも読みやすいと思うけど原作読んでるからそう思えるんだと思う。もしろ漫画から読んだ人は展開についていけるのだろうか。後半にでてくる能力でどうしても漫画化が難しそうなものがある気がするけどその辺どうなるか楽しみだ。人には進めづらいw

全11件中 1 - 10件を表示

戦闘破壊学園ダンゲロス(1) (ヤンマガKCスペシャル)のその他の作品

横田卓馬の作品

戦闘破壊学園ダンゲロス(1) (ヤンマガKCスペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする