疾風伝説 特攻の拓 外伝 ~Early Day’s~(3) (ヤングマガジンコミックス)

  • 講談社
3.71
  • (2)
  • (6)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 63
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063821970

作品紹介・あらすじ

1991年~1997年まで週刊少年マガジンで連載、一世を風(ふう)靡(び)した『疾風(かぜ)伝(でん)説(せつ) 特攻(ぶっこみ)の拓(たく)』が、月刊ヤングマガジンで堂々の復活!!  時は1990年。米国、ニューヨークを訪れる一人のハーフの少年がいた。彼の名は、天羽(アモー)セロニアス時貞(ときさだ)といった‥‥。佐木飛朗斗、所十三のオリジナルコンビが新たなる伝説を紡(つむ)ぎだす!!

尋常ならざる“混沌”が天羽時貞と緋咲薫のタイマンに終止符をもたらした!! 一方港洛中では、覚悟を決めた真嶋秋生が“中坊”だてらに那森須王に真っ向勝負を挑む!! “最新最強”の“不良伝説”さらにヒートッ!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 龍神の由来話が出てきた! このあと風神&雷神との遭遇する話あるのかなぁ~?

  • やっぱりなつかしおもろい。ってか、題名になっている“拓ちゃん”自身、全く出てこんし(笑)確かに、この時期に彼がいると訳分からんくなるし、取ってつけた感満点になるから、最後まで出なくて良いけど。ってか、結構読み込んだ筈の原作の内容、だいぶ忘れてしまってるから、そっちをもう一度読むべきかも。

  • 相変わらずのヤンキー美学炸裂の巻。
    でも月刊誌連載だから、なんとなく本編よりはテンポ悪いなあ。
    続きはとりあえずちょっと気になる。

  • 購入

    天羽君主体でありながら、段々爆音サイドの話も増えてきた感じ。
    本編よりも恋愛色が濃くなっているのが印象的。

    緋咲さんのやられっぷりとカッコ良さは
    この頃からだったんだなーとしみじみ思う。

全4件中 1 - 4件を表示

佐木飛朗斗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×