みなみけ(10) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
  • 講談社
3.79
  • (22)
  • (42)
  • (39)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 545
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063822250

作品紹介・あらすじ

南さんちの3姉妹、その平凡な日常をまったりと。
ハルカ、カナ、チアキ、南家(みなみけ)の3姉妹が贈るワンダフルまったりショートストーリー。他愛もない日常の事件が、時に大きく、いつもは小さく発展していくサマをお楽しみください。


お待たせしました。約11ヵ月ぶりの新刊です。相変わらずゆるゆるな3姉妹の日常をお楽しみください。DVD付き初回限定版も同時発売。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2012 10/11読了。筑波大学春日エリア書籍部(丸善)で購入。
    みなみけ三姉妹の日常シリーズ、ついに10巻目。
    アニメも新シリーズが来るそうで、息の長いシリーズになっていて本当、善哉。
    保坂とヤカンの回のわけのわからなさと、ベタだけどクラウディアの回のわけのわからない切なさがいいね。

  • コミック

  • マコちゃんが、ハロウィンや節分の豆まきなどの行事を、南家のメンバーたちといっしょに体験することになります。

    今回は、京都弁をしゃべるリコの可愛さが印象に残りました。あと、カナとチアキにくすぐり責めにされるおじさんが、ちょっと羨ましくなります。

  • 978-4-06-382225-0 174p 2012・10・5 1刷

  • たこ焼き、気まぐれお好み焼き、京都言葉、関西出身なので微妙にうれしいかも?

  • 相変わらず、ゆる~いマンガ。アニメも再開しましたね!
    お気に入りキャラは夏奈なので、藤岡くんの恋を応援してるんだけど、これはそういうマンガじゃあないかw
    第183話「かぶってる」(41頁)では、春香の後輩・ヒトミと藤岡くんの意外なつながりが描かれてて、ちょっと驚き。
    今巻のお気に入りストーリーは、第196話「ただいま」(157頁)。普段は邪険にしてるくせに、夏奈に「おかえり」を求める千秋が可愛らしいv(158頁)。けれども、ラストは何だか切ない気持に…*

  • 吉田がエロい

  • 毎巻絵柄がかわっていくことに違和感は感じなくなった

  • 頭打ったくらいで記憶喪失になるものなのか→売りました.

  • 何気なく1巻と見比べてみたら絵が可愛くなって来ていますね

    南家三姉妹のクラスメイトの名前は相変わらず覚えづらいです
    マコちゃん・トウマ・藤岡ぐらいしかパッと名前が出ません

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

代表作に『みなみけ』、『今日の5の2』がある。現在、別冊少年マガジンで『そんな未来はウソである』を連載中。

「2014年 『そんな未来はウソである(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桜場コハルの作品

みなみけ(10) (ヤンマガKCスペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする