COPPELION 16 (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
  • 講談社
3.82
  • (9)
  • (20)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 253
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063822342

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 正直、チートすぎる超能力的展開は要らなかったよなぁと思う。
    本部との対立も、いまいち納得できないことが多く。

    が、もはや自分の中でこのお話のメインは、成瀬委員長と遥人のラブ!
    これがある限り、読者として最後まで付いていきたい。

    人間ドラマやスリルアクションは二人のラブのスパイス、なんて思って見ている自分は、もうこの作品の純粋なファンではないのかもしれない・・・。

  • 時は西暦2036年。深作葵の奪還に成功したものの、日本政府から反逆者の烙印を押され孤立無援の状態となった荊たち──。さらに追い打ちをかけるように、渋谷のシェルター109内部ではある重大な異変が起こっていた……!!(Amazon紹介より)

  • 葵のこの先がきになるところ。

    2012.12.1読了

  • シェルターの汚染。葵の作戦へ。
    今巻は群を抜けて演出がひどい。

    除染システムがあるのに汚染されているという状況で、
    コッペリオンだけで修理ができるという思い込み。
    水底から響く龍之介の声。
    地下シェルターを空爆。
    1ヶ月後に空爆すると宣言してくれる優しさ。
    分かりやすいスパイ活動の痕跡。
    シェルターに牢屋。
    人を撃つなんてできないと言ったタエ子がアシモフに銃を向ける。
    十字懸垂(2度目)
    中性子からダークマターへ。
    三教授の動機が金。

    ちょっとどうかと思う。

  • アクションはそこそこ面白いが、もはやストーリーに魅力を感じられない。でもやっぱ続きが気になるので購入。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

『ヘルシング教授の思い出』で第58回ちばてつや賞ヤング部門大賞を受賞。代表作に『COPPELION』『CANDY&CIGARETTES』。

「2023年 『真夏のグレイグー(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上智徳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×