COPPELION 17 (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
  • 講談社
3.84
  • (9)
  • (14)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 227
感想 : 7
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063822595

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 時は西暦2036年。三教授に拘束され人質となった小津詩音を救出するべく、たった1人で政府の飛行船に乗り込んだ深作葵──。圧倒的に不利な状況下で決死のミッションが幕を開ける!!(Amazon紹介より)

  • 最終決戦への布石。超人バトルは先。というかなんかキャラクターがごちゃついてきた。

  • だいぶスケールが大きくなってきた(笑)

  • アニメ化が決定していたはずなのに、何故かとある時期からまったく続報を聞かなくなった『COPPELION』の17巻です。
    三教授の飛行船に囚われた詩音を救うため、あえて囚われの身となった葵の反撃から始まり、汚染が進む渋谷地下シェルターからの脱出の策を模索するお話。
    三教授は小悪党らしくあっさり退場しましたが、彼らを見ていると、Dr.コッペリウスの方がマシに思えてくる。<それほどのクズっぷりでしたw
    渋谷シェルターの難民救出のために、教頭たちとの間で協議の結果、策はなんとか見つかりましたが、委員長側も教頭側も、かなりのリスクを負った作戦になります。
    日本政府や大国の思惑も交錯する中、果たして作戦は成功するのか?!
    個人的には、この作品のメカって独特のモノ(<セミメカとかフォッシロイドとか、生物的な感じ)があって興味深いんですが、「黒い翼」はイマイチだったなあ。
    エドン零式には期待したいトコロです。

  • 2013.3.13読了

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

『ヘルシング教授の思い出』で第58回ちばてつや賞ヤング部門大賞を受賞。代表作に『COPPELION』『CANDY&CIGARETTES』。

「2023年 『真夏のグレイグー(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上智徳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×