R-中学生(3)<完> (ヤングマガジンコミックス)

  • 講談社
4.16
  • (17)
  • (11)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 153
感想 : 14
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063823257

作品紹介・あらすじ

中学生たちのリアルな性春を、新進気鋭の大注目作家・ゴトウユキコが熱筆!
普通の男子にみえて実は汚物のニオイフェチの伊地知。同じクラスの女子の透けブラジャーが気になって仕方がない吉倉。エロに対する好奇心が尋常ではない堀田。
第二次性徴真っ只中の中2男子たちを中心に繰り広げられる、早摘み思春期系ちょいエロコメディ!!

普通の男子にみえて実は汚物フェチの伊地知、同じクラスの女子の透けブラジャーが気になって仕方がない吉倉。エロに対する好奇心が尋常でない堀田ら、3バカを筆頭にとした個性溢れるメンバーを擁する2年2組が、ついに迎える第3学期!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 前、読んだ漫画を
    もう一度、読み直してみる巻 Vol.19

    堀田が大好きだw 
    出てくるたびに笑ってしまうw この3巻の堀田は頼もしいし。

    女性キャラは・・・椎名さんと千賀椿ちゃんが好き。

  • 感動してしまった。
    バカバカしくて、どきどきして、泣きそうになったりもした。

    革命部隊チンブラ四天王最高!!

  • 青春すなぁ~
    好きです

  • なんかいい話っぽく終わった(笑)

    リアル社会で学校へ行けなくなるような「やらかし」をしたら、
    転校するくらいしか道は残されてないだろうけど。
    そこは2次元の世界だからこういう救いがあってもいいのかもしれない。
    でも、実際に「やらかした」人がこれを読んで救われるかというとそんなことはなくて、
    却って孤独感を強めるだけかもしれない。
    これを読んで面白がれるのは、
    「やらかし」を糾弾するでもされるでもない、
    教室内で自分を殺して空気のような存在だった人だけのような気もする。
    そんなことをつらつらと考えた。

    個人的には、神出鬼没の千賀姉を主人公に何か描いてほしい。

  • 「別に嫌なら 無理して学校なんか行かなくっていいよ!! 好きにさせとけよ!」
    →「って お前が私に言ったんだからな!!」

    「はい!! 私はオナニー してまーす!!」

    「私は・・私は・・これからいようと・・思ってますぅ~」→激しく可愛い。

    「俺はなあ・・・・教員生活で初めてだよ・・こんな・・・・ほんっと・・・・馬鹿だなぁ お前ら」→このコマ。先生の泣きそうな笑顔。

  • こんな大問題なのにすごいなこの子たちは。まあ別に良いかと思わせる手腕。この絵はかなり好きだ。誰かに似てると思ったらわかった!山本直樹さんとジョージさんが混ざってる笑 好きだわー

  • 性の衝動。恋の衝撃。暴走する青春。
    エロくて何が悪い?変態で何が悪い?
    バカでも許されるのが中学生だ‼︎
    悩んでも迷っても、とにかく突っ走って、突き抜けた全3巻。
    とても楽しかったです。

  • まさか性癖バレするとは思ってなかったので、ハラハラした。
    性癖ばらされクラスの鼻つまみものになっても、友情で締めくくらられたのがよかったなー

  • この作品は、バカでスケベで。でもマンガの中の彼らが、どこか自分を肯定してくれるような(主に性癖)感じが好きです。
    ただ、最終巻は、こんなことあるのかなー?という違和感が少し強くて、あまり物語に入り込めなかった、ような。
    とはいえ、彼らの今後が楽しみー

  • 素晴らしかったー!泣いたないた。まさかR中学生で泣くとは思わなかった。「人の性癖をそこまで責め立てる必要があるのか?」って…判君…。たしかに中学生にとってはインパクトがありすぎる事件なのかもしれないけど、恥ずかしいこともやましいことも受け入れる中田さんステキだよー!!ナウシカみたい♡ 新キャラの二人もいい味出してるけど、男の子だったら伊地知がいちばんすき。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2009年、『赫色少年の素晴らしき日々』で第60回ちばてつや賞ヤング部門大賞を受賞しデビュー。同作品が第1話となり初連載『R-中学生』(全3巻)をスタートさせる。その他、主な著作に『ウシハル』(全5巻)、『水色の部屋』(全2巻)、『きらめきのがおか』(全2巻)がある。

「2020年 『夫のちんぽが入らない(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ゴトウ・ユキコの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×