センゴク一統記(5) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
  • 講談社
4.07
  • (10)
  • (13)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 166
感想 : 10
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063823639

作品紹介・あらすじ

歴史の真実を解き明かす本格戦国コミック、待望の第三部!!
時は天正十年、京・本能寺で勃発した日本史上最大の事件”本能寺の変”‥‥そこで何があったのか!? そして仙石権兵衛秀久の”歴史的大失敗”と”不屈の挽回劇”とは!?
宮下英樹が満を持して描く”乱世の終焉”と”新時代の幕開け”!! 立身出世を遂げた仙石権兵衛秀久が、そして乱世に生きるすべての人間が、いまだかつて誰も体験したことのない”天下一統”の時代へと今、踏み出す‥‥!!

本能寺の変によって、世は不安と混沌に包まれる‥‥。織田信長を失った日本に、新たなる理想を立ち上げるのは、明智光秀、羽柴秀吉、いずれの将なのか!?次代を決める武将たちが、決戦の地・大山崎に集結する!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 信長・秀吉に仕えた武将仙石秀久(権兵衛)を主人公にした天下一統物語第三部第五巻。
    本能寺の変後の足場固めを急ぐ光秀に、急報を受け急ぎ毛利方との和睦を成し京への大返しへと移る秀吉。権兵衛は秀吉とは別れ、淡路の抑えに向かう。

    混乱の中、緒将の迷いと決断、政治力が描かれる一巻。

  • 縺輔※縲∫ァ?蜷峨?荳ュ蝗ス螟ァ霑斐@?√??遘?蜷峨?霈昴°縺励>謨ー蟷エ縺後%縺薙i縺ク繧薙°繧牙ァ九∪繧九?
    縺薙?貍ォ逕サ縺ァ縺ッ蜈臥ァ?縺ョ螟ゥ荳区ァ区Φ縺ッ縺ゥ縺薙∪縺ァ縺ゥ縺ョ繧医≧縺ォ謠上°繧後k縺ョ縺具シ

  • 台湾のウェブサイト、楽淘オクで経由し2016年12月31日に入手した。

  • 山崎の戦いに向けて、盛り上がってきました。秀吉も権兵衛も、光秀に勝てるかの確信が全くない様子。また、光秀は光秀で、民からの変革という、今までの武家の世では考えられないようなことを考えている(史実ではそんな話は聞いたことなかったけど、創作かな?)とのこと。

  • 王が亡くなり新時代へ。光秀の構想する世界はかくも民主主義だったのか。そんな世界を描いています。大返しに向かう秀吉にも注目

  • 毛利との和睦、中国大返しを終えていよいよ山崎の合戦へと歴史が進んでいく中、自分の国という意識をもって淡路に向かう仙石。
    光秀も秀吉も織田信長の強い影響と狂気が垣間見えてゾクゾクする。
    この先の仙石の大失敗や秀吉の晩年に向けての燐片も見えてそういう部分も楽しい

  • 本能寺の変報が中国毛利攻めの渦中にいた羽柴秀吉の元に届いた。秀吉の決断、光秀の動き、時局の混迷が資料に基づいてリアルに描かれる。果たして秀吉の大返しはいかなる意志の元に、いかなる方法で決行されたのか。そして、仙石は領国・淡路の叛乱鎮圧に向う…!本能寺の変後の動乱を見よ。

    秀吉にしろ光秀にしろ、「この時」にはすべてが計算ずくだったわけでもなく、むしろどっちにふれるかわからない状況の中での行動の一つ一つだったはず。そういう感じが出てて面白かった。次巻はおそらく山崎の合戦。この戦いに期待です。

  • 仙石が少し出てきたかっ。
    表紙カッコ良かったです。
    次回は明智vs秀吉かな。
    仙石の成長と、これからの新たな展開を予想させる話でした。

  • 歴史フェチとか武将萌えとかはないですけど、
    この漫画はすごく好きです。

    秀吉と光秀が抱えている、信長への憧憬と畏れ、時代への不安、苦悩、互いへの敬意と敵意、同時代人としての連帯感、みたいなものがきっちり描かれていて、
    どちらも人間臭くてクソかっこいい。
    どちらかに肩入れしたり中途半端に美化したりしていないのがいい。
    まさに「リアル戦国合戦譚」。

    新時代の息吹に胸熱。

  • センゴク一統記も佳境へ!次巻 秀吉対光秀の戦い。
    仙石の淡路の奪還戦。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家 富山大学中退.2001年「ヤングマガジン」(講談社)掲載の『春の手紙』でデビュー.主な著作:『センゴク』全15巻 2004年~2007年.『センゴク外伝 桶狭間戦記』2007年より連載中.『センゴク天正記』2007年より連載中(いずれも講談社刊)

「2010年 『浜松の城と合戦』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮下英樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×