監獄学園(11) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
  • 講談社
3.68
  • (14)
  • (30)
  • (32)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 409
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063823875

作品紹介・あらすじ

東京都郊外にある私立八光(はちみつ)学園は由緒正しい全寮制の女子高・・・・だった。本年度から理事長交代によって教育方針が変わり、男子が入学することになったのだが、入ってきたのは主人公の藤野清志他、たったの5人。女子1000人に対して圧倒的少数の男子どもを待ち受けるのは、はたして天国か地獄か。男共の下心がうずきまくる仰天ハイスクールコメディ始業!!

裏生徒会の栗原万里、白木芽衣子。二人の固い絆は、いかにして出来上がったのか‥。いわば「副会長ライジング」だった「少女時代編」、完結! 続いて事態は、予測不能の急展開へ‥‥!! 裏生徒会三人の関係に差し始める影、監獄を出たのに追い詰められまくりの男子たち、そして起きる“最悪の事態”!! その時キヨシはどう動く!? 鉄格子を中心に青春が廻る、類似品皆無のハイスクール監獄コメディ第11巻がここに来襲!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スバッとフルチンに!!
    副生徒会長幼児退行。

  • アツーーーーイ!

  • 経験則からブッとんだHowtoチューを語ったりBLを疑われたりで仲間を失ってしまったキヨシは表生徒会の非道に悲しむ千代を救うため生徒会室に忍び込むがまんまと罠に嵌められ監獄に舞い戻る。今回ばかりはシンゴが気の毒すぎる。横山みつ子の隠された趣味を理解しようと苦悩するガクト。ゴザルの時点でおかしいんだけどゴザッしょは流石に無理がある。白木芽衣子の幼児退化によりアンドレノミクスが崩壊。関係ないがアンドレのグラサンのつる長すぎじゃない?「イモォォォォォォ!!」

  • 変わった裏副会長も、これはこれで…。
    ガクトとジョーの件も可哀そうですが気になる(笑)
    ちゃんと平行してメインキャラのストーリーが進んでいるのが何気にすごいなあ。

  • 相変わらず面白い。男達がプリズンから脱出してギャグ回が続き、裏生徒会の過去編となり若干の中だるみを懸念したけど、杞憂だった。裏生徒会が男にしたことをおもて生徒会が裏生徒会にして、最終的にまた堂々巡りかよ。。と思ったが、今巻で最後に清がプリズンに入ったことでまたわからなくなってきた。これから男と裏生徒会、といってももはや機能してるのは会長だけだが、が協力しておもて生徒会を潰しにかかるのかな。展開も気になるけどなんといってもギャグが最高におもしろい。コンスタントに出版され絵のクオリティも高くてまじですごいね

  • 今巻は進展どころか刑期が一週間伸びました笑
    11巻の新たな舞台で平本アキラ先生の曇ったギャグが冴え渡っています。
    裏副会長が芽衣子ちゃんに戻った時にはなんともいえないエロさがありました。
    この表現で大体間違って無いと思います。
    個人的に一番すきかもしれません、白木芽衣子ちゃん

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

漫画家。ヤングマガジンにて『監獄学園』、ヤングマガジンサードにて『俺と悪魔のブルーズ』を連載中。

「2016年 『平本アキラ画集 GAMPUKU 眼福』 で使われていた紹介文から引用しています。」

監獄学園(11) (ヤンマガKCスペシャル)のその他の作品

平本アキラの作品

監獄学園(11) (ヤンマガKCスペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする