新装版 でろでろ(3) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
  • 講談社
3.93
  • (1)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063824438

作品紹介・あらすじ

奇っ怪体験ブッタ斬りギャグ!!
霊感体質のため、奇っ怪現象に出くわしやすい悪ガキ中坊・耳雄が、悪霊や妖怪をバッタバッタとブッ倒していくショートホラーギャグ。なぜかオカルト耐性 が異常に高い耳雄の妹・留渦と、お化けに弱い耳雄の愛犬・サイトーさんが人気上昇中。

ハイスコアガール、プピポーアニメでイケイケの押切蓮介の原点、伝説の怪奇ホラーギャグ『でろでろ』が、新作と未公開イラストも収録し、永久保存版として復活!! さらにヤンマガ本誌では『でろでろ2杯目』を集中連載! 中2になった留渦、高1になった耳雄、ハリウッド進出に失敗したカントク、あんま変わってないサイトーさんなどが物の怪たちを泣かす! 殴る! さあ、新たな押切ワールドへGO!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こっちは、「百鬼夜行抄」とは違って、そんなに根源にはこない感じがします。

    トトロと一緒で、日常だなぁと思ったりします。

    あぁ、そういえば、どこかトトロに似ている気がします。
    いや、ガチャピン?

    そして、「妖怪ウォッチ」の思想の元は、ここにある感じがする。

  • ホラーギャグマンガに失礼ですが、ホラーギャグとしよりもこの辺からはストーリーというか話の構成がしっかりしてくるので、面白く読めます。口説くなく、甘すぎないこととちょっと切ないお話。
    なかにはやっぱりそういう表現もあるのですが、そこを抑えるしんみり感。オバケだって大変なんだと思わせてくれます。

    告白できない女の子の話、座敷わらし、監督と上京少女の話がよかったです。

    3巻で打ち切りました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1979年神奈川県川崎市出身。
1998年に週刊「ヤングマガジン」に掲載された『マサシ!! うしろだ!!』でデビュー。
その後紆余曲折あったが、ホラーギャグ『でろでろ』、化け物の類いが出てこないホラー漫画『ミスミソウ』、少年時代とゲームを題材にした『ピコピコ少年』、アクション巨編『ゆうやみ特攻隊』、自分の母親の半生を描いた『HaHa』とジャンルに縛られない作品を世に送り出し続けている。
月刊「ビッグガンガン」にて連載した『ハイスコアガール』は2018年にアニメ化もされた。

「2019年 『狭い世界のアイデンティティー(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

押切蓮介の作品

ツイートする