監獄学園(13) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
  • 講談社
3.82
  • (14)
  • (33)
  • (21)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 363
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063824612

作品紹介・あらすじ

東京都郊外にある私立八光(はちみつ)学園は由緒正しい全寮制の女子高・・・・だった。本年度から理事長交代によって教育方針が変わり、男子が入学することになったのだが、入ってきたのは主人公の藤野清志他、たったの5人。女子1000人に対して圧倒的少数の男子どもを待ち受けるのは、はたして天国か地獄か。男共の下心がうずきまくる仰天ハイスクールコメディ始業!!

監獄の浴室に閉じ込められた、キヨシと万里! さらにケイトの罠により現れた、無数のヘビの群れ‥‥! ヘビに咬まれてしまった万里を救うため、急いで口で吸え、キヨシ―――!! ニッポン一の学園脱獄コメディ、渾身の第13巻、発動! 脱獄に全力を尽くすのも、これもまた青春だ!!(たぶん)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ウロボロス!
    あんみつ先生。
    再度脱獄を。

  • 自分の内モモに口は届かない、これは真理。

  • ケイトに弱みを握られた万里は表と裏の決着を賭けた体育祭に向けキヨシに脱獄の協力をあおぐ。仲違いしていた男子達も表生徒会の横暴(濡れTコンテストの廃止)を知り結託、脱獄に身を乗り出す。キヨシが言っていた「とてつもなく恐ろしい事」の正体コレかよ!みつ子の編集者兼一番の理解者となったジョーと、杏子の方から仲直りを持ち掛けられたシンゴの、目の前の女子より濡れTを優先させる情熱には感動すら覚える。あとが怖いぞ。性欲をリットル単位で考えるキヨシ。コイツはペットボトルをなんだと思ってるんだ。「どうせ死ぬんならオッパイ揉んで死んでやるー!!」

  • ウロボロス言うな(笑)
    相変わらず下ネタと狂気のバランスが素晴らしいです。

  • 裏生徒会長が好きになる巻
    後アンドレが面白かった

  • 最終回は何処になるんだろう、いや、今はまだその話をする段階では無いですね。
    今後の展開といいますか、濡れTコンテストが楽しみです。しかし元々女子校なのにこのコンテストの狙いがわからない、理事長ならきっと濡れパンを推すだろうし…ともかく素晴らしく面白い作品なので最後まで付き合いたい作品ですね。

  • 本巻は万里が可愛かった。ウロボロスはいい。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

漫画家。ヤングマガジンにて『監獄学園』、ヤングマガジンサードにて『俺と悪魔のブルーズ』を連載中。

「2016年 『平本アキラ画集 GAMPUKU 眼福』 で使われていた紹介文から引用しています。」

監獄学園(13) (ヤンマガKCスペシャル)のその他の作品

平本アキラの作品

監獄学園(13) (ヤンマガKCスペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする