センゴク一統記(10) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
  • 講談社
3.64
  • (3)
  • (11)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 136
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063825275

作品紹介・あらすじ

歴史の真実を解き明かす本格戦国コミック、待望の第三部!!
時は天正十年、京・本能寺で勃発した日本史上最大の事件”本能寺の変”‥‥そこで何があったのか!? そして仙石権兵衛秀久の”歴史的大失敗”と”不屈の挽回劇”とは!?
宮下英樹が満を持して描く”乱世の終焉”と”新時代の幕開け”!! 立身出世を遂げた仙石権兵衛秀久が、そして乱世に生きるすべての人間が、いまだかつて誰も体験したことのない”天下一統”の時代へと今、踏み出す‥‥!!

柴田勝家と羽柴秀吉――。“古豪”と”新世代”を象徴する二大勢力がここに激突!!崩壊へと進む織田家を、再び強固に束ねるのか、それとも利用するのか‥‥信長の次なる支配者は、賤ヶ岳合戦から誕生する!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 信長・秀吉に仕えた武将仙石秀久(権兵衛)を主人公にした天下一統物語第三部第十巻。
    賤ヶ岳合戦前夜。羽柴・柴田の軋轢は引き返しのつかないところまで来ていた。そんな中、戦の形の変化に緒将たちは新しい時代の到来と、それに抗する古い力の強さに想いを馳せていた。

  • 髟キ螳玲?驛ィ縺ョ隧ア縺ォ縺ェ繧九→諤昴▲縺溘i縲∬ウ、繝カ蟯ウ縺ョ謌ヲ縺?′縺サ縺ィ繧薙←縲ゅ@縺九@縲√←縺?d繧蛾聞螳玲?驛ィ縺悟虚縺榊?縺励◆繧峨@縺上?∽サ咏浹縺ッ蝗帛嵜縺ク闊槭>謌サ繧九%縺ィ縺ォ縲

  • 2015年2月22日に紀伊国屋書店台北微風店にて妻が買ってくれた。

  • 賤ヶ岳の戦いに向けての各武将の勢力図って複雑なのね。と改めて思いながら、でも大きく話が動きそうなドキドキ感で一気に読み進めてしまいました。
    仙石の四国長曾我部戦も次巻で盛り上がりそう。楽しみです。

  • 第10巻。
    ちょうど大河でも同じ頃を描いていて、あっさりと終わってしまったところなので、どう描かれるか楽しみな柴田との戦。
    ゴンベエは四国での戦が始まり、久しぶりにわくわくする展開です。どこまで話はかかれるのかなぁ?

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

漫画家 富山大学中退.2001年「ヤングマガジン」(講談社)掲載の『春の手紙』でデビュー.主な著作:『センゴク』全15巻 2004年~2007年.『センゴク外伝 桶狭間戦記』2007年より連載中.『センゴク天正記』2007年より連載中(いずれも講談社刊)

「2010年 『浜松の城と合戦』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮下英樹の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×