十 ~忍法魔界転生~(6) (ヤングマガジンコミックス)

  • 講談社
3.70
  • (2)
  • (15)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 137
感想 : 7
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063825565

作品紹介・あらすじ

死んだはずの剣豪たちが、秘術により次々と甦る‥‥!!
忍法帖シリーズ最高傑作、衝撃的コミカライズ!!
天下泰平の世に出現した怪老・森宗意軒。
その両手の十指より放たれる忍法魔界転生にて、
恐るべき十人の魔人を生み出す‥‥!!
一方、彼らの邪悪なる企みに気づいたのは、
風雲の志を秘めた若き十剣士、そして‥‥!?
始まりは1638年、島原ーーー
かの剣豪・宮本武蔵が、そこで何を目撃するのか‥‥!?

紀州・熊野路を舞台に、柳生十兵衛と魔界衆との死闘が、ついに幕を開ける!! 魔界衆・第一の刺客は田宮坊太郎!! かつて十兵衛とともに剣の腕を磨きあった若き青年は、今や魔界の力を得て、異形の魔剣士へと変わり果てた…。”忍法魔界転生”を巡る物語は長き序章を終え、これより人間と魔界との血で血を洗う”ゲーム”が始まる!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 十兵衛さま~~~♪

  • うん、その通り。そりゃ人間、階段から落ちれば打撲もするし流血もする。下手すれば命にかかわる。でも正直、外連味溢れる現代漫画的表現に慣れた身からすれば「あれ?」って感じになってしまいますよな。魔人であっても刀で斬れる(まぁ十兵衛も「意外といけた」って感じでしたが)。

    あと、根来忍者を犠牲にして仕組んだ大芝居、お品さん含む彼らの意外な演技力で、背景知ってても騙されそうになったよ。あ、そういえば「蛇が苦手」は演技じゃなかったですな。

  • 若い頃と転生後の坊太郎のギャップに萌え、と思った直後に坊太郎がヽ(゚∀゚)ノ パッ☆カーンですよ。呆気ナ。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

デジタルでの漫画制作の先駆者の一人。伝奇小説的な作風が特徴。近年では山田風太郎作品のコミカライズを多く手がけている。
1997年に『コミックモーニングオープン増刊』に掲載の『千魔物語り』でデビュー。以来、『ヤングマガジンアッパーズ』や『週刊ヤングマガジン』などの雑誌で作品を掲載している。『バジリスク ~甲賀忍法帖~』で第28回講談社漫画賞(一般部門)を受賞。
代表作:『Y十M ~柳生忍法帖~』(原作:山田風太郎)『山風短』(原作:山田風太郎)他。
現在『月刊ヤングマガジン』『十~忍法魔界転生~』(原作:山田風太郎)を連載中。

「2015年 『新装版 鬼斬り十蔵(4)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

せがわまさきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×