センゴク一統記(14) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
  • 講談社
3.53
  • (2)
  • (6)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063826845

作品紹介・あらすじ

歴史の真実を解き明かす本格戦国コミック、待望の第三部!!
時は天正十年、京・本能寺で勃発した日本史上最大の事件”本能寺の変”‥‥そこで何があったのか!? そして仙石権兵衛秀久の”歴史的大失敗”と”不屈の挽回劇”とは!?
宮下英樹が満を持して描く”乱世の終焉”と”新時代の幕開け”!! 立身出世を遂げた仙石権兵衛秀久が、そして乱世に生きるすべての人間が、いまだかつて誰も体験したことのない”天下一統”の時代へと今、踏み出す‥‥!!

織田信長に代わり、時代を手に入れるのは誰か――!? かつて信長を敬愛した家臣・羽柴秀吉か。それとも、永きにわたり信長と共に戦った盟友・徳川家康か。後に歴史に名を残す両雄が、唯一直接刃を交えた「小牧・長久手の合戦」の真実を、今回も『センゴク』ならではの新解釈に基づいて大胆かつ精緻に描く!! 尾張を舞台に、秀吉が全国から動員した大軍と、家康軍の精鋭・徳川四天王が激突する!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2015年10月21日に紀伊国屋書店台中中港店にて購入した。(NT$211*0.9=190)

  • 三河武士祭り巻

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

2001年、ヤングマガジンにてデビュー。現在、同誌にて『センゴク天正記』、『センゴク外伝 桶狭間戦記』を連載中。

「2012年 『センゴク天正記(13)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮下英樹の作品

ツイートする