喧嘩稼業(5) (ヤングマガジンコミックス)

著者 :
  • 講談社
4.15
  • (12)
  • (7)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 102
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063826852

作品紹介・あらすじ

喧嘩最強の高校生・佐藤十兵衛が帰ってきた!!
田島彬が主催する“最強決定トーナメント”開催ーーー
だが、出場者リストには我らが十兵衛ちゃんの名前は無い‥‥
ならば、不死身のドMボクサー・石橋強に喧嘩を売って、“トーナメント出場権”強奪させてもらいます!!

十六人の“最強”たちは、ついにこの日を迎えたー“陰陽トーナメント”一回戦、開幕!! 世界中が注目する第一試合の出場者は、あらゆる武術・兵法に精通した〈忍術〉の梶原修人と、腕力のみの原始的な戦いをする〈喧嘩師〉工藤優作ー。ともに裏稼業の闘士だが、まったく異なるタイプの戦い方をする両者は、いかなる戦いを繰り広げるのか……。己の腕を信じる強者よ!決して勝利を疑わぬ強者よ!脳を使え…そして、命を燃やせ!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 井端。

  • 執筆中の足骨折にはそんな経緯がw

  • 腕を折ったらニュースになる男、木多康昭。
    ついについに陰陽トーナメント始まる。
    各自の思惑やら相当複雑に混ぜてるんだけど、複雑なまま、こいつ馬鹿だろ、な解決はさせずに展開させる手腕は、ホント流石。
    多分工藤が勝つんだろうけど、どうやって、かは全く見えず、梶原もぎり切りなのも、ホント面白いですわ。
    わ。

  • 工藤が圧倒されている、、、。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

千葉県出身。代表作は『幕張』、『泣くようぐいす』など。現在はヤングマガジンにて『喧嘩商売』を連載中。

「2011年 『喧嘩商売(24)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木多康昭の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×