喧嘩稼業(7) (ヤングマガジンコミックス)

著者 :
  • 講談社
3.92
  • (8)
  • (9)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 103
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063828061

作品紹介・あらすじ

陰陽トーナメント第二試合、抱えきれぬほどの悪巧みを携えて佐藤十兵衛、待望のリングイン!! 対するは日本拳法・佐川徳夫ーー。弛まぬ鍛錬に磨かれたこの天才は、人心を看破する洞察力を併せ持つ。歴然たる“本物”の才能を相手に、悪童・十兵衛の罠は通用するかーー!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読み入って予定を飛ばしてしまった。

  • 陰陽トーナメント、いよいよ十兵衛ちゃんのバトル、といいつつ稼業の最初は十兵衛ちゃんだったし、まあ早いですね。
    「最弱にして最強」って割と流行っているワードではあるけど、十兵衛もそうか。たしかに格闘技歴は他の参加者に比べて圧倒的に少ないし、発想はあっても技術や経験は補えないものはあるしね。
    でも参加者それぞれがそれぞれの観点で十兵衛を評価するのは面白い。
    佐川との勝負はどう決着するのか。面白い。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

千葉県出身。代表作は『幕張』、『泣くようぐいす』など。現在はヤングマガジンにて『喧嘩商売』を連載中。

「2011年 『喧嘩商売(24)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木多康昭の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×