いに怪することなく、獣じつしたひび(1) (ヤングマガジンコミックス)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063828573

作品紹介・あらすじ

カレシよりガメラ! ラインよりラドン!! カイジュ―系日常マンガ誕生だ、ガオーっ! 怪獣のことで頭がいっぱいの倉田さんと彼氏のことで頭がいっぱいの北川さん。相容れないはずのクラスメイト2人が送るほのぼのでガオガオな毎日!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 怪獣が好きなので、単行本化を待っていた作品。

    読む前は、怪獣特撮版『トクサツガガガ』のような内容かと思っていたが、実際は大きく違った。

    主人公である、怪獣好きの倉田さんと、派手め北川さんの二人の女子の日常の描写がメイン。
    ガメラなどの怪獣は倉田さんの想像の中で登場するが、描写としてはそれほど掘り下げられない。

    嫌いな作品ではないが、ただ二人をとりまく周囲の人間性は好きになれない。
    タイトル通り「意に介さず」二人の日常は続くのかもしれないが、そこがどうしてもひっかかって読後感はあまりよくなかった。

  • 『トクサツガガガ』とはまた違ったニュアンスの「特撮女子」もの。
    「特撮」…というよりは「怪獣」に想いを馳せる倉田の姿に
    ほのぼの温かく、そして少し哀しい「怪獣への愛情」を感じます。
    北川との距離感もなかなか面白いし、これからどんな怪獣が登場するか、
    ふたりの距離がどうなっていくのか、とても楽しみです(^^)。

全2件中 1 - 2件を表示

野良しごとの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×