3×3EYES 幻獣の森の遭難者(4)<完> (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
  • 講談社
3.80
  • (6)
  • (8)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 126
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063828672

作品紹介・あらすじ

不老不死の術を持つ三只眼吽迦羅の少女・パイと、その不死身の守護者・无となった少年・八雲。彼らと、人類を滅亡へと追い込む破壊神との最終決戦・サンハーラから12年――。甲子美智瑠を救うため、八雲捕獲作戦を実行したグリフィン・ノルマルテ。だが、ゲゲネイスの策謀により、龍皇・ベナレスが動き出す事態に。再び戦うことになった八雲とベナレス。宿命の対決の行方は――!? 「幻獣の森の遭難者」シリーズ、堂々の完結!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「幻獣の森の遭難者」完結巻。

    遭難者は誰だったのか。目的地を見失い彷徨い続けていたのは誰だったのか。
    このシリーズでいえば、もちろん美智留とノルマルテであるし、ゲゲネイズもその中に入ります。3×3EYES通じてとなると、三只眼たちのことでもある。

    出口のない迷い道から抜け出した先にあったのは、思い出と新しい日々の幕開け。
    二人の再会はきれいなエンディング。

  • 新シリーズ急に面白くなくなったなと思ったがハーンと葉子が幸せになってるのを見るだけで満足かな

  • まぁベナレスなど倒せるものでもなく.よかったねゲゲネイス.八雲が九頭龍将に!? よかったね紗雪だけ覚えててくれて.侍JAPON.舞鬼ったらかぁいいわねぇ.

  • 主の危機で力が爆発するというのはやはり燃える
    技名に英語が混ざるのがまだ慣れないけど
    新しいサザンなんだなぁとしみじみ
    新シリーズとして続くようで良かった!
    魔道士のイメージからムキムキマッチョなベナレスが結びつかなくて紹介文に少し笑ってしまった

  • 幻獣の森の遭難者(完)

    ベナレス丸くなったな。
    というかただのバトルマニアか?

    物語は新章へ続くそうです。

  • あの後を見られるのは楽しい。
    若干小物感がつきまとうのと、収拾がついているんだかついていないんだかってのでこれだけ読むと意味不明だと思うので本編は読むべし。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

東京都江戸川区出身。代表作は『3×3EYES』、『万能文化猫娘』、『碧奇魂ブルーシード』など多数。『3×3EYES』で第17回講談社漫画賞受賞。2019年現在、累計3333万部超の同シリーズは月刊ヤングマガジンにて連載中。

「2019年 『SDガンダムスペシャルアンソロジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高田裕三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×