クダンノゴトシ(5) (ヤングマガジンコミックス)

著者 :
  • 講談社
3.25
  • (1)
  • (5)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 46
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063828894

作品紹介・あらすじ

実家だけでなく、ついに自らの影をも失ってしまった光。いったい自分は何者なのか? 消え行く自身への絶望から自暴自棄になった光は、「神様の子供が欲しいの」と誘惑する舞の口車に乗せられ、一夜を共にしてしまう。 そして舞の中に宿った新たな命が、人々に大きな災いをもたらすことになる‥‥。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • よく分からない大きな“何か”に巻き込まれ、それがエスカレートし、手が付けられないような状況になっていく…

    ホラーとしての出来が良い。怖くて面白い。イイね!!

    本巻のラストは、まさにホラーの王道的な展開。この後どうなる??救いはあるの?

  • 実家だけでなく、ついに自らの影をも失ってしまった光。いったい自分は何者なのか?
    消え行く自身への絶望から自暴自棄になった光は、「神様の子供が欲しいの」と誘惑する舞の口車に乗せられ、一夜を共にしてしまう。そして舞の中に宿った新たな命が、人々に大きな災いをもたらすことに…。

    それぞれがバラバラになってしまった友人たち。光と千鶴は幻視した「光」の事を調べてるけど、一方で舞は「神様の子」を宿した事で一種の予言者的なものに。でもそれで何かを救おうとかじゃないから、完全に死の宣告振りまいて世間をパニックに落としてるだけだなぁ。
    教授も結局死んじゃったし。これはラスボスは舞になるのか?
    伸司は家族との団欒を優先して、しっかり準備をして死ぬことになったけど、あれもなかなか辛い死に様。
    次は千鶴か。というかいつの間にか話が世界滅亡レベルなんだけど、どこでそんな話になったんだっけ? 千鶴のお父さんはいつの間に神の使者みたいな役目に?
    おまけに舞のお腹の子が衝撃的なことになって、これ次巻でどうまとめるんだろ。

  • やっぱチョイチョイ貞子っぽい、次が最終巻かな

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1949年、山梨県生まれ。東京経済大学コミュニケーション学部教授。専攻は現代文化論、コミュニケーション論。著書に『ライフスタイルとアイデンティティ』『アイデンティティの音楽』、監修に『コミュニケーション・スタディーズ』(いずれも世界思想社)など。担当:「はじめに」「文章表現の基礎」「消費」「食」。

「2013年 『「文化系」学生のレポート・卒論術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡辺潤の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×