喧嘩稼業(8) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
  • 講談社
4.03
  • (10)
  • (11)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063829259

作品紹介・あらすじ

十兵衛の奇襲で幕を開けた波乱の第2試合――!! だが、嘘と卑怯を尽くしても、格闘センスの塊である佐川徳夫を追い詰めるまでには至らない……。この埋めようのない実力差を、覆すことは不可能なのか!? 佐川の“才能” vs.十兵衛の“喧嘩”、このままでは終わらない――!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文さんの試合が楽しみでたまらん。

  • 前に振ったものを徹底的に回収しつつ、対戦相手も読者も騙す。
    佐川徳夫も壊れて、怖い怖い。
    文学さんやられそう……。

  • 徳夫戦の決着~文さんVS櫻井戦まで。
    トーナメント戦という事で、試合の回転率も高く、徳夫戦も思ったよりアッサリ終わった感がある。
    相手が一応真面目にやろうとしたのに、容赦なくズルして勝つ主人公。

    試合も面白いが、脇に挟まれるギャグも良い。
    「言ってないよ」のシーンは爆笑もの。

全6件中 1 - 6件を表示

喧嘩稼業(8) (ヤンマガKCスペシャル)のその他の作品

木多康昭の作品

ツイートする