クダンノゴトシ(6)<完> (ヤングマガジンコミックス)

著者 :
  • 講談社
2.92
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 41
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063829310

作品紹介・あらすじ

「東京を引き金に世界は滅ぶ」――千鶴父の残した予言に抗うべく、“呪い”の元凶である光は自らの存在を消し去ろうと奔走する。しかし通り魔事件で注目を集めてしまった彼の体には、再び影が戻ってしまっていた。光は東京を救うことができるのか!? そして、夢の中で見た「光」の意味とは――。“件”の呪いを廻る怪奇譚、ここに完結!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最後デビルマンっすか・・・。

  • 「東京を引き金に世界は滅ぶ」ーー千鶴の父の残した予言にあらがうべく、“呪い”の元凶である光は自ら存在を消し去ろうと奔走する。
    しかし通り魔事件で注目を集めてしまった彼の身体には、再び影が戻ってしまっていた。
    光は東京を救うことができるのか。そして、夢の中で見た「光」の意味とはーー。
    “件”の呪いを巡る怪奇譚、ここに完結!

    なんか段々よくわかんなくなってきていたこの作品、最後に本当によくわかんない感じで幕を閉じてしまった。
    前回突如腹をぶち破って出てきた神の子は、何となくそんな気はしたけどまた光だったなー。結局光はそういうシステム的なものの一つって事なのか? でもその割に今の彼にはその自覚ないみたいだし、でも新しく生まれた光はそういう認識も含めて完全に化け物だし…ちょっとよく分からん。
    とりあえず人間が一番怖いなという感じは終始感じる作品だった。
    最後の超展開はもう本当に、どういうこと?って感じで。ついでにラストでまた「辻本光」が出てくるなら、結局また同じ事が起こる、のか?
    結局どういう話だったのかと聞かれると返答に窮する感じの結末。

  • んー。結局…なんだったの?何を言いたかったの?私にはよく分かりませんでした。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1949年、山梨県生まれ。東京経済大学コミュニケーション学部教授。専攻は現代文化論、コミュニケーション論。著書に『ライフスタイルとアイデンティティ』『アイデンティティの音楽』、監修に『コミュニケーション・スタディーズ』(いずれも世界思想社)など。担当:「はじめに」「文章表現の基礎」「消費」「食」。

「2013年 『「文化系」学生のレポート・卒論術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡辺潤の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×