生贄投票(3) (ヤングマガジンコミックス)

  • 講談社
2.96
  • (4)
  • (3)
  • (6)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 111
感想 : 7
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063829402

作品紹介・あらすじ

“社会的死”への恐怖から、クラス内不審が広がる2年C組。さらに、生贄投票が仕掛けた“犯人捜しゲーム”により、犯人の疑いをかけられた玉森は刺されてしまう。絶望する美奈都だったが、弱った心を奮い立たせ、クラスを先導し見事全員でのタップ達成に成功する。しかし、その後生贄くんから告げられたのは、「新ゲームを始める」という非情な宣言だった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ある日、クラスの中で強制アプリによるゲームが始まる。投票で1番に選ばれた者に「社会的死」が与えられるというゲームだ。社会的な死とは、秘密にしていた恥ずかしい写真や動画。広がる不信。子供たちの打つ対策は、全て裏をかかれる。これは一年前担任イジメで自殺した女性担任の呪いだと告げられる。

    イジメとゲーム、加速する不信感。なんか同じような作品が立て続けで、私はおいおいと思う。

    生徒たち「全員」に、社会的死が与えられるような「秘密」があるという大前提自体が、この作品のリアリティをなくしている。

    こういう、現実にあるかもしれない「クラスの現状」に嫌になっていた昔の生徒(作者?)の「妄想」がつくった物語の気がする。あと一巻ほどはありそうだが、こういう「刺激の強い」画面を描いている作品が、現在日本の連載漫画には山のように登場している。「漂流教室」のような文明史観もなければ、人間への愛もない、社会全体を見据えた世界観もない。自分の見てきた狭い世界を拡大解釈して冷笑する作品にうんざりする。

    まあ、「貴方はそうは言うかもしれないけど、こういうつまらない作品含めて、時代を映した作品が雨後の筍みたいに出てくること、そのものが漫画の特徴なんだよ。だから、漫画は時代のカナリアなんだよ」と言われたならば、その通り、と言わざるを得ないのだけど。

    2017年7月18日読了

  • 「勝手にしろよバカヤロー!」の美奈都ちゃんかわいい


  • gps

  • 三巻まで読了。原作と比べて、大元の設定は残ってるけど、細かいところはガラッと変えてきてる印象。そんなにそんなに社会的死を高校生がひとクラス分かかえてるものか、とも思うが、なければ作りだせ、とまでいくと…。そして、原作にあったオカルトな面がまだでてきてないけど、これからどう展開していくのか。

  • 作成中

全7件中 1 - 7件を表示

江戸川エドガワの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×