探偵の探偵(1) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
  • 講談社
3.53
  • (3)
  • (4)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 52
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063829532

作品紹介・あらすじ

調査会社スマ・リサーチに就職し「対探偵課」に配属された峰森琴葉は、「対探偵課」に所属する唯一の探偵・紗崎玲奈と出会う。悪徳探偵が暗躍する事件を解決し、廃業に追い込むことを目的とする彼女たちに日々 業界から魔の手が迫り──稀代のストーリーテラー・松岡圭祐の大人気クライムノベルを、最麗絵師・清原紘が完全コミカライズ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読了。なんかドラマ仕立てで、と思っていたが、続きが気になる。

  • 松岡圭祐氏の原作。
    調査会社の「対探偵課」に所属することになった峰森 琴葉(みねもり ことは)。
    そこは、悪徳探偵を廃業に追い込む目的とした部署であった。

    対探偵課に所属する唯一の探偵、紗崎 玲奈(ささき れいな)。彼女には、人に言えない暗い過去があった。そして、悪徳探偵を廃業に追い込む訳も...
    着任早々、魔の手が2人に迫る。

    絵がダークで上手いですね。


  • 悪徳探偵を廃業に追い込むための探偵、対探偵課に入った峰森琴葉。
    上司の紗崎玲奈の過去が重く悲しかった…。
    絵がきれいなぶん、すごく重く感じる。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

漫画家、イラストレーター。漫画作品に『きみにしか聞こえない』『コインランドリーの女』『Another』『探偵の探偵』などがある。イラストレーターとして、『緋色の囁き〈新装改訂版〉』など多数の書籍の装画を担当し、『蒼き革命のヴァルキュリア』などのゲームのキャラクターデザインも手掛ける。

「2021年 『十角館の殺人(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

清原紘の作品

ツイートする
×