1日外出録ハンチョウ(1) (ヤンマガKCスペシャル)

制作 : 萩原 天晴 
  • 講談社 (2017年6月6日発売)
3.81
  • (8)
  • (21)
  • (13)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :141
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784063829730

作品紹介

地の獄・・! 底の底・・! 帝愛地下労働施設・・! 劣悪な環境である地下にいながら「1日外出券」を使い、地上で贅の限りを尽くす男がいた・・!その名は大槻・・!E班・班長にして、1日を楽しみ尽くす匠・・!飲んで食って大満喫・・!のたり楽しむ大槻を描く、飯テロ・スピンオフ第1巻・・!

1日外出録ハンチョウ(1) (ヤンマガKCスペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 地の獄…! 底の底…! 帝愛地下労働施設…! 劣悪な環境である地下にいながら「1日外出券」を使い、地上で贅の限りを尽くす男がいた…! その名は大槻…! E班・班長にして、1日を楽しみ尽くす匠…! 飲んで食って大満喫…! のたり楽しむ大槻を描く、飯テロ・スピンオフ第1巻‥!(Amazon紹介より)

  • カイジのスピンオフ漫画第二段。今度は、地下施設でカイジとチンチロ対決をした大物、E班トップの大槻班長の1日外出記録伝。

    チンチロで荒稼ぎしている大槻班長は、ペリカで度々「1日外出券」を購入し、地上を満喫している。
    大槻班長の巧みな戦略と豊富なコミュ力で謳歌する1日外出・・・!

    (ネタバレあり)
    25年前の思い出のカニチャーハンより、「オムレツライス」が上回り、思わず注文してしまう大槻。
    大将の「・・・」という間は、「あれ、この客は・・・」という昔を思い出した間だったのだね。ナイス伏線。
    「兄ちゃんいつもこれ頼んでたから…間違って作っちゃったよ」とミニカニチャーハンの粋なサービス。
    25年ぶりの客を覚えてサービスするとは、大将の心意気に、大槻も今の自分の状況を悔やんだろう。

    黒服の宮本さん、大槻に「仕事中の力の抜き方が下手!長続きしないよそんなんじゃ・・・!」と言われるw
    最後は大槻と酒盛り豪遊して地下に送られるww

    大槻の良いところはコミュ力も高いし、仲間思いのところ。
    新商品開発で沼川の提案を却下する際にも、理由を言った上で、「いやいい!どんどんくれ!そういうの!」「どんな些細なアイデアから画期的ヒット商品が生まれるかわからんからな!」とフォローを欠かさない素敵な上司。

    そして大槻と地下で巡りあう「君の名は」w
    確かにあれだけ舌の好みが合えう人と出会えるのは圧倒的運命・・・!

  • オムレツライスの話が一番面白かった。

  • 君の名は!?

  • トネガワに続き、カイジで有名なハンチョウのスピンオフが(笑)
    1日外出券を使った外出録と、地下での出来事が少々。結構読みやすくて良い!

  • (1)~(2)

  • 一話完結型なので気軽でいいです。

  • 正直出てきた時は「トネガワの二番煎じか…」とか思ったわけですけど、大槻班長のキャラクターにこんな「人生の達人」的側面の可能性を見出したのは物凄い慧眼だと思うのですよ。
    「一日外出券」というのがこの漫画のために作られた設定ではなかろうかというハマリっぷり。また例の売店運営のネタも面白かったり、単に本編とのギャップを笑うだけでは済まない独立した面白さを発揮しています。

    意外と単独ドラマ化とかいけるんじゃないの?

全8件中 1 - 8件を表示

1日外出録ハンチョウ(1) (ヤンマガKCスペシャル)のその他の作品

上原求の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

1日外出録ハンチョウ(1) (ヤンマガKCスペシャル)はこんなマンガです

1日外出録ハンチョウ(1) (ヤンマガKCスペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする