FAIRY TAIL(12) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.85
  • (25)
  • (32)
  • (37)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 784
感想 : 11
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063840506

作品紹介・あらすじ

“魔導士ギルド”‥‥それは魔導士たちに探し物から魔物討伐まで、いろんな仕事を仲介してくれるトコロ! 一人前の魔導士を目指す少女・ルーシィは、火を操る魔導士・ナツと出会い、彼のギルドに誘われる。なんと、そこはルーシィの憧れ、超ブッ飛んだお騒がせギルド「フェアリーテイル」だったのです!!

『聖なる光に祈りを!!!』‥‥ゼレフ復活を阻止する為、魔法評議院はエーテリオンの投下を決断! 一方、エルザは、自らの命を犠牲にジェラールを道連れにしようとしていた。そして遂に、ナツとエルザを楽園の塔に残したまま、エーテリオン解放という最悪の結末が!! しかしその瞬間、ジェラールに悪魔の微笑みが!? 誰も想像しえなかった驚愕の思惑が牙をむく!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • エルザもヒロインだよね。

  • 『聖なる光に祈りを!!!』……ゼレフ復活を阻止する為、魔法評議院はエーテリオンの投下を決断! 一方、エルザは、自らの命を犠牲にジェラールを道連れにしようとしていた。そして遂に、ナツとエルザを楽園の塔に残したまま、エーテリオン解放という最悪の結末が!! しかしその瞬間、ジェラールに悪魔の微笑みが!? 誰も想像しえなかった驚愕の思惑が牙をむく!!(Amazon紹介より)

  • エルザ、ジェラール。

  • 面白かったー!
    やはりジークレインとジェラールは同一人物だったか~評議会の決定の次のコマは必ずジェラールのセリフだから怪しいと思ったんだよなー。
    エルザの片方からしか流れない涙がラストで両目から流れるのもよかったな。

  • 【M】

  • かっこいいっす

  • エルザ編、終了。

    しかし、ちょっと盛り上がり過ぎたのでは、と、心配をしてみたりして。

    このストレートに少年マンガなメッセージは、とっても、好きです。

  • なんかもう、全体に渡ってナツがすごくカッコイイ! っていう一冊? 滅竜魔導師としてのナツの真価が如何なく発揮されてましたよねー。…ま、でも主人公だし、まだまだこんなもんじゃないんでしょうけどね。きっと、まだなお眠ってる本当の力とかあるに違いない。今後、それを小出しに出していってくれるだろう作者のニクイ演出に期待。――でもって、今巻のミドコロ? な、ジェラールの正体とジークレイン。…うん、これはまあ何となく予想ついてたから、別に今さら、ねえ?(^ー^;)

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1977年生まれ。1998年に読み切り『BAD BOYS SONG』でデビュー。1999年より週刊少年マガジンで『RAVE』を連載。2006年より週刊少年マガジンで『FAIRY TAIL』連載開始。2009年に同作で講談社漫画賞を受賞。

「2016年 『ネオ寄生獣』 で使われていた紹介文から引用しています。」

真島ヒロの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×