ダイヤのA(19) (少年マガジンコミックス)

著者 :
  • 講談社
4.32
  • (41)
  • (30)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 599
感想 : 16
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063842326

作品紹介・あらすじ

もう一度、あのミットに投げ込みたい‥・・。 捕手・御幸一也との出会いが、少年の人生を一変させる。沢村栄純15歳。己の力を試すため、仲間に別れを告げ、野球名門校・青道の扉を叩く。そこには己のすべてをかけた誇り高き球児達がいた!  王道にして斬新。感動と興奮の高校野球漫画!!


地区大会決勝、青道vs.稲実、緊迫の中盤戦‥! 序盤、先制点を奪うも、未だ絶対的エース成宮を攻略できない青道。先発・降谷も稲実の主砲・原田に打たれ、得点を許してしまう。5回に入り、青道エース・丹波が登場!! 青道の生命線である継投は、成功するのか、それとも‥‥!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 感想
    結城が3打席抑えられているが、このままでは終わらない予感

    あらすじ
    稲実は降谷から2点もぎ取り、さらにリリーフした丹波から1点を取る。1-3と部が悪い青道は、攻め立てるも成宮が立ちはだかる。

  • 地区大会決勝、青道vs.稲実、緊迫の中盤戦‥!序盤、先制点を奪うも、未だ絶対的エース成宮を攻略できない青道。先発・降谷も稲実の主砲・原田に打たれ、得点を許してしまう。5回に入り、青道エース・丹波が登場!!青道の生命線である継投は、成功するのか、それとも‥‥!?(Amazon紹介より)

  • 一気読み!!緊迫してる。青道よく守ってるけど、稲実は打ち崩せなそうな安定感。ますますプレッシャーかかる場面だ。リードされてる場面、点を取らなければ勝てない。身体が心配な亮さん、全然打ててない御幸さん、このまま終わらないよね。何が何でも点を取ってくれるはずだよ。

  • とられた点は自分で取り返す降谷くん凄いなぁ。
    小湊兄をフォローした倉持先輩も格好良くていちばんの見所だと思う。
    青道追い込まれていてピンチ。
    どうやって切り抜けるか続きが気になる。

  • 登録番号:11376 分類番号:726.1テ(19)

  • エース見参!

  • 丹波先輩登板!
    二遊間の絆が…小湊先輩も、小湊先輩のコンビであり後輩の倉持先輩の関係、素敵です(;_;)

  • もっち先輩、お兄さん(T_T)うぅ、二遊間に弱い。鳴ちゃんめちゃくちゃ強いけど、丹波先輩もがんばってる。。皆頑張ってるのに、一点が遠いよ。

  • ★4.5

  • vs稲城実業。力を抑えつつ青道と互角に戦う成宮。継投でマウンドに立ったエース丹波も痛打を浴びながら後続の窮地を凌いで両者一歩も譲らず、といった展開。主人公はベンチにいるのに試合に引き込まれるのは、キャラ一人一人に背景があってそれぞれがそれぞれの立場で考えてプレイしているからか。熱いッス。1コマながら財前も再登場。帯はSB時代の杉内

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

出身:香川県、血液型:O型、デビュー 1999年「マガジンFRESH」夏号『メンバー』、受賞歴:第62回新人漫画賞・佳作、コミックス:『GIANT STEP』全4巻、『ダイヤのA』1~41巻(以下続刊)。『ダイヤのA』で第53回小学館漫画賞・少年向け部門、第34回講談社漫画賞少年部門をダブル受賞。

「2014年 『ダイヤのA(41)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

寺嶋裕二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
日丸屋 秀和
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×