あひるの空(28) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
4.38
  • (33)
  • (23)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 372
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063843262

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【寄贈】
    726.1 ヒ (28) 登録番号10310

  • 神奈川などを舞台とした作品です。

  • リアル。
    本当にリアル。

    立ち止まって待つのは優しさなんかじゃない
    進んで背中を見せるしかないことを彼らは知ってる
    見えなくなるまで遠く・・・
    ----遠く

  • チャッキーさんの気持ちはよく分かる。この漫画は、本当にリアルな部活マンガですね。これまで、部活などを舞台にバスケット漫画って多く描かれてきたと思うけど、こういった側面をこれだけしっかりと描いてあるのってそんなにない気がします。でも、これこそがリアルで、部活動には必ずこんな側面は備わっています。去る方も残る方も、決して楽しい気持にはなれないけど、それぞれがちゃんと前を向いて歩いていかなければいけない・・・改めてこの漫画が好きになりました。

  • 現実的な部活動になってきたのがいいね。
    まさか本当に辞めるとは…

  • 読むたびしびれます!

  • スラムダンクが成長期なら、
    あひるの空は人間模様。

  • これも最新巻にして、好きな巻です。
    ここでは他のスポーツマンガでは描かれることの無かった、仲間が部活を「辞める」という大きなテーマが描かれており、その周りの人間や本人の苦悩がものすんごい伝わってきました。
    チャッキーに対し空が「戻ってきてください!」というのではなく、「はじめの一歩の続きをまた貸してください」といったところはとても印象的でした。
    いいなぁ~こんな人間関係。
    さて、後は、新章突入といったとこでしょうか。
    新入生が入ってきましたね。
    これからどうなっていくのやら・・・。
    ほんとに楽しみです!!

  • チャッキーさんの気持ちが、切なくって涙がでました。
    あんなに頑張ってたのに・・・
    でも、チャッキーさんのように思うのが普通なんだろうな。

  • 今まで、ずっと走り続けていて、なんていうか、はじめて一休みした様な巻です。

    でも、これは、ものすごく必要な巻で、これがあるのとないのとでは、物語の質が全然違ってきてしまう1巻だと思います。
    日向 武史は、よく考えているなぁと。理屈じゃないところで。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

出身:茨城県、血液型:A型、デビュー:覚えてません(笑)、受賞歴:第61回マガジン新人漫画賞『スリーアウトチェンジ』、コミックス:『Howling』全2巻・『あひるの空』1~39巻(以下続刊)。

「2014年 『あひるの空 EARLY LAST DAYS(39)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あひるの空(28) (講談社コミックス)のその他の作品

あひるの空(28) Kindle版 あひるの空(28) 日向武史

日向武史の作品

あひるの空(28) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする