マルドゥック・スクランブル(2) (講談社コミックス)

著者 :
制作 : 冲方 丁 
  • 講談社
3.51
  • (10)
  • (28)
  • (39)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 358
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063843538

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1巻は面白かったけど、2巻になって話が複雑になってきたのと、セリフが多くて勢いが削がれてしまった印象。もう少しテンポが上がらないかなー。

  • ボイルドは変にウフコックに執着しているしバロットもウフコックへの一種の愛情を持っている。なのにウフコックは不安感を持っている。
    残酷なバイオレンス展開と共になんとなくそわそわする二巻。

  • 小説の世界観をうまく表現出来てると思う.
    誘拐屋たちの最初の仕事が,小説版だと省略されているが,漫画版ではきっちり描かれていた.かなり残酷ではあるんだけれど,異常性を描写するという点では良かったと思う.

  • なんとかボイルドから逃れて、バロットの過去が明らかになる。
    そして、
    新しいフェチズムにまみれた敵が現れた!
    さて、
    どう対処していくのかなバロット?

  • やはり・・・・
    新鮮味と驚きの無い展開のオンパレード。
    主人公の能力を生かす戦闘は次巻からかな??

  • 雰囲気出てていいかも。
    四コマはひどい。

  • BOOK-OFF 100円

  • お兄さんが一層悲しい。

  • 初・漫画版マルドゥック。
    ここからの「導火」編の扉絵が、階段に立つバロットと誘拐犬で連作になってるのがえらい怖い。好きだ。

    ボイルドの見た目が端正なのにびっくりした。あと展開がまったく違うし登場人物もここまで違うのか、って驚きつつある意味納得した最初。

    回想の場面の「雛料理」バロットはかなりイメージ通り。
    誘拐犬の皆さん登場でああこれは面白くなるなあ登場の仕方に愛嬌があるなあとニヤニヤしてたらえげつなかった。
    しかし映像化して補ったらこれくらいのことは日常的にやってるキャラクターなんだったそう言えば。
    シェルの「綺麗好き」もえげつない。

    ミディアムとヘアが可愛い。
    大今さんが「ミディアムは死ななきゃいけませんか」(バンダースナッチ好きになってきたので何人か生き残らせたい)と冲方さんに聞いたらしいとSFマガジンで読んだけども確かに力が入ってる。楽しそうで家族みたいに仲良い誘拐犬もいいな。この後ああなるわけだがそれ含めてそういう書き方が。

  • 流石だな、変態過ぎてやばい。面白い。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大今 良時(おおいま よしとき)
1989年生まれの漫画家。女性。2008年、第80回週刊少年マガジン新人漫画賞に投稿した『聲の形』で入選。2009年より「別冊少年マガジン」で冲方丁の同名小説を原作とする『マルドゥック・スクランブル』の連載によりデビュー。
2013年、入選作品をリメイクした読み切り『聲の形』が「週刊少年マガジン」に掲載された後、同作の週刊連載が開始。同作は宝島社「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位や第19回手塚治虫文化賞新生賞を受賞するなど各方面で話題を呼んだ。本作は2016年に劇場版アニメーション化されている。

マルドゥック・スクランブル(2) (講談社コミックス)のその他の作品

大今良時の作品

マルドゥック・スクランブル(2) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする