マルドゥック・スクランブル(4) (講談社コミックス)

著者 :
制作 : 冲方 丁 
  • 講談社
3.75
  • (13)
  • (32)
  • (25)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 304
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063844085

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いやすげえなあ。
    なんで今まで読んでなかったんだろだなあ。

  • トゥイー達のバイオレンスな犠牲的シーンがぐさぐさくる。
    ドアの隙間から二人が仲直りするシーンが好き。

  • トゥイーズはまあこんな感じかな,といったところ.
    全体的に絵柄がイメージより幼いので,いろいろ頭のなかで修正しながら読んでる.

  • ハンプティ=ダンプティに敵襲来?!
    何とか撃退しウフコックとも仲直り?!
    で、
    次はカジノですか?!

    絵がきれいになってきたんがこの4巻辺りかな。

  • 人間の価値は、価値が存在することを信じること。全て無価値だと知った上で。

  • 流石だ。変態すぎる。

  • 友人に勧められて!

    1~4巻の感想

    グロイよ!注意してね!
    と言われていたので、相当覚悟しながら読んだけど…そうでもなかったかな。
    作り込まれてる感じはした。
    一気に4冊読んだから、絵の成長っぷりが良くわかる!
    1巻に比べると4巻の主人公はとても可愛い!(笑)
    だいぶ洗練された絵になったと思いました。

    3巻で死んだと思われた眼鏡の変態お兄さんが再登場してくれて私はとてもうれしかった(笑)

    悲しい変態がたくさん出てくる漫画でした(失礼な!(笑))
    続きも楽しみ

  • アレンジ力がすごい。

  • ボイルドとフェイスマンの問答が結論だけになってるのがやや、不満。絶対的に強そうなボイルドがフェイスマンとの問答でその空虚さを徐々にむき出しにされるシーンが漫画で見たかった。

    あとは、不満、ないです。原作に忠実というわけではないのに、シンクロ率が非常に高い。何なんだろうこれは。早く続きを

  • 今巻は割りと動きが少なかったな。
    楽園のミディアム戦を膨らませて見せ場を作った感じ。

    次巻から始まるカジノ編は原作小説では後半のヤマ場だったけど、
    コミックでどう見せるのか楽しみ。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大今 良時(おおいま よしとき)
1989年生まれの漫画家。女性。2008年、第80回週刊少年マガジン新人漫画賞に投稿した『聲の形』で入選。2009年より「別冊少年マガジン」で冲方丁の同名小説を原作とする『マルドゥック・スクランブル』の連載によりデビュー。
2013年、入選作品をリメイクした読み切り『聲の形』が「週刊少年マガジン」に掲載された後、同作の週刊連載が開始。同作は宝島社「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位や第19回手塚治虫文化賞新生賞を受賞するなど各方面で話題を呼んだ。本作は2016年に劇場版アニメーション化されている。

マルドゥック・スクランブル(4) (講談社コミックス)のその他の作品

大今良時の作品

マルドゥック・スクランブル(4) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
ツイートする