進撃の巨人(4) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社 (2011年4月8日発売)
3.87
  • (364)
  • (507)
  • (409)
  • (53)
  • (10)
本棚登録 : 5367
レビュー : 234
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063844696

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 巨人化したエレンだったが、制御不能で再生もできない状態だった。アルミンが巨人の弱点に刃を刺し、エレンに語りかける。
    アルミンの声にエレンは再び覚醒する。これにより人類が初めて巨人から拠点を奪還した。
    しかし、人類が失った損害は大きかった。仲間を犠牲にすることで、この勝利は得られたのだ。

  • エレンの処遇。リヴァイ兵長。

  • 4

  • だんだん画力がアップしている様子。
    でも肝心のストーリーはゆっくりの進み具合。
    文庫本だから読めるけど、本編読んでる人は大変だろうな・・・

  • 巨人の力を使った戦いのその後。
    過去に話は一時的に戻り、エレンたちが訓練生になった当初を描く。

  • 違和感は多分デッサン不良。
    キャラクターが増えてきたらよくわからなくなったような…過去導入も突然過ぎて読みづらい。
    勢いがウリなだけにキツい。

  • 巨人のエレンが意思を取り戻し、やっと岩を塞ぎましたけど、犠牲はたくさん。エレンの意識が戻るまでは、訓練時の話となりましたけど、人が多すぎて、これ誰だったっけ?ってなりました。
    マルコが死んでるシーンも、マルコって?って感じでした。
    やっぱり、人が死にすぎるからなぁ。。。

  • 再読。

    グリシャって誰やねん。
    パパンかな?

    コマ割いの技術にほぼ理解はないが、作者の志の高さは分かる。

    エレン、アルミンと同世代の訓練兵にスポットをあてている点はいいとして、少しテンポが遅まってしまったのが痛い。
    全体的にしっかりとした印象を感じるのは月刊連載でやっているから。

  • うーん、1・2巻の頃の熱はどうした!?

    もう少し落ち着いて、掘り下げて話を進めても良いんじゃぜ…?

  • 巨人との戦いがケリがついて、それからは兵士の訓練の様子と、兵士間のやりとりになる。が、あまりに絵がヘタなので人物がうまく読み取れない。
    「いつも怖い顔してると思ってたけど・・本当に怒った顔は比じゃねぇな」って、その比が読み取れない。人物が頭に入ってこないのも致命的だ。
    ということで以後パスとする。

全234件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

諫山創は、大分県出身の漫画家。
2006年に講談社のMGP(マガジングランプリ)にて『進撃の巨人』が佳作を受賞。2008年、『HEART BREAK ONE』で第80回週刊少年マガジン新人漫画賞特別奨励賞を、また同年、『orz』で第81回週刊少年マガジン新人漫画賞に入選を受賞。
2009年から『別冊少年マガジン』にて『進撃の巨人』を連載開始し、大ヒット。2011年『進撃の巨人』で第35回講談社漫画賞少年部門を受賞。ゲームやアニメなど様々なメディアミックス展開がなされ、2018年時点で単行本は累計7100万部を発行している。

進撃の巨人(4) (講談社コミックス)のその他の作品

諫山創の作品

ツイートする