進撃の巨人(4) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社 (2011年4月8日発売)
3.87
  • (365)
  • (507)
  • (409)
  • (53)
  • (10)
本棚登録 : 5383
レビュー : 234
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063844696

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 評価された意味が私にはよくわからない。男性には面白いのかしら。

  • 192ページ。いきなり話が急展開というか、最初は何があったのか分かりませんでした。「え、さっきまで立体機動ができてたのに・・・え?」状態。しばらくしてから過去の話だというのに気づきました。で、読み進めていったら突然何の前触れも無く巨人掃討後に戻り、ここでも「え?何がどしたの?・・・分からない」状態に。

    回想シーンへの入り方や戻り方がヘタというか。雑誌の方は読んでないので各話がどこで区切られていたのか分かりませんが、話ごとに区切らず最初から最後まで通すのだったらその辺の表現方法が既に確立されているだろうし、それを使ったからって恥ずかしいことはない。むしろ読者にとって分かりやすくなるのなら採用すべきだと思うのだが、これではただ作者の自己満足でしかなく、同人誌レベルと言われてもおかしくない。担当編集者もその辺の指摘はできたはずだろうに、何もしてないように見える。

    どんな仕事でもそうだけど、プロとしてやっているのなら、プロ意識を持って仕事をして欲しい。単に自分が描きたいマンガを描くだけなら同人誌なり自分のブログ等で公開すればいい。こっちは「プロが描いたマンガ」を読みたいのだから。読者不在(というか無視)のマンガですよ、これは。

著者プロフィール

諫山創は、大分県出身の漫画家。
2006年に講談社のMGP(マガジングランプリ)にて『進撃の巨人』が佳作を受賞。2008年、『HEART BREAK ONE』で第80回週刊少年マガジン新人漫画賞特別奨励賞を、また同年、『orz』で第81回週刊少年マガジン新人漫画賞に入選を受賞。
2009年から『別冊少年マガジン』にて『進撃の巨人』を連載開始し、大ヒット。2011年『進撃の巨人』で第35回講談社漫画賞少年部門を受賞。ゲームやアニメなど様々なメディアミックス展開がなされ、2018年時点で単行本は累計7100万部を発行している。

進撃の巨人(4) (講談社コミックス)のその他の作品

諫山創の作品

ツイートする