さんかれあ 4 (少年マガジンコミックス)

  • 講談社
3.67
  • (22)
  • (34)
  • (53)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 641
感想 : 21
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063845297

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  4巻なので基本構造は割愛。
     今巻もカラー口絵(ほんのりセクシー)付き。
     お祭りから突入する、ヒロインの理性が揺らぐエピソード。
     ヒロインの家庭事情に、おじいちゃんの弟子からの云々。
     深刻な事態と、ゾンビ愛と、本能。
     意外なセクシーシーンも艶。

     人とゾンビの間で揺れる心。
     意外とホラーというかサスペンス寄りのホラーな展開に・・・。
     
     恋愛と恐怖と揺れる心の振れ幅は立体的に流れゆく。
      
     妹ちゃんの巻末コーナーも面白い。

  • 逾ュ繧翫?譛?荳ュ縺ォ繧セ繝ウ繝灘喧縺碁?イ陦後☆繧狗、シ蠑・縺ッ蜊?エ倥↓鬟溘>縺、縺?※縺励∪縺?、ア雕ェ縲ら、シ蠑・縺ョ豈崎ヲェ縺ォ蜉ゥ蜉帙r豎ゅa繧九b辟。髢「蠢??ょ鴻邏倥?險俶?繧帝?シ繧翫↓遉シ蠑・繧堤匱隕九☆繧九b窶ヲ縲

  • 散華家の家庭事情の諸悪の根源はやはりお父様だという事が再確認できた。

  • ついにゾンビとしての本領発揮と言う所になってきたんだけど、この先こういう問題に逐一対処してゆく感じなのだろうか?
    割と、根本な気がするから結構長い付き合いになるのかな?
    それともあっさり決着がついたりするのかな?
    恋愛模様よりもそっちの方が気になるよね(w

  •  急転の物語である。ようやく本編、と言ったところだろうか。
     差し迫った展開にドキドキさせられたが、ちょっと途中の散華さん家のお母さんの話がテンポを悪くさせたかな。それだけが残念。
     でも、四コマには笑わされたし、ちょっと嬉しがってるれあさんは可愛いし、いろいろ見所の多い巻で、星半分だけ減らして四つ半相当と判断した。

     それにしても、毎度ながら引きが上手い。これはシリーズを通しての美点だろう。

  • お祭りを楽しむ中、ついに礼弥の症状が進行してしまう。
    好きになった人を食べたくなってしまう。そして心臓の代わりに胃が脈動するっていうのは意外で面白かった。
    そしてわんこが不憫。これが幼馴染の宿命か・・・。

  • 水着姿のカード(非売品)がついてました。

  • ちょっとパワーダウンしてきた?最初のネタの新鮮さや意外性が感じられなくなってきた。心情に頼るよりも出来事ですすめてほしい。

  • 9784063845297 173p 2011・8・9 1刷

  • れあのゾンビ化が進むと同時に恋心と食欲が加速する…

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

「さんかれあ」(全11巻 講談社刊)「綺麗にしてもらえますか。」(~5巻以下続刊 スクウェア・エニックス刊)

「2021年 『かいじゅう色の島 1』 で使われていた紹介文から引用しています。」

はっとりみつるの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×