FAIRY TAIL(29) (少年マガジンコミックス)

著者 :
  • 講談社
3.87
  • (16)
  • (23)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 598
感想 : 10
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063845631

作品紹介・あらすじ

“魔導士ギルド”‥‥それは魔導士たちに探し物から魔物討伐まで、いろんな仕事を仲介してくれるトコロ! 一人前の魔導士を目指す少女・ルーシィは、火を操る魔導士・ナツと出会い、彼のギルドに誘われる。なんと、そこはルーシィの憧れ、超ブッ飛んだお騒がせギルド「フェアリーテイル」だったのです!!

天狼島の戦いは、様々な因縁、そしてゼレフまでをも巻き込み、予断を許さぬ事態に!! そして遂に、マカロフの魂を受け継ぐ者たち・・次世代の妖精の尻尾を担うナツたちが、ハデスの下にたどり着き、妖精の尻尾の運命をかけた最終決戦が始まろうとしていた!! 仲間との絆、そしてギルドへの誇りを心に宿し、妖精の尻尾の魂がハデスに巣食う“悪魔”に挑む!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 主要キャラみんなでの合体技でマスターハデス倒す感じ、The少年漫画だよね。
    グレイ対ウルティアは意外と短く終わったな、という感じ。

  • ウルティアが意外とあっさり。

  • 天狼島の戦いは、様々な因縁、そしてゼレフまでをも巻き込み、予断を許さぬ事態に!!そして遂に、マカロフの魂を受け継ぐ者たち……次世代の妖精の尻尾(フェアリーテイル)を担うナツたちが、ハデスの下にたどり着き、妖精の尻尾の運命をかけた最終決戦が始まろうとしていた!!仲間との絆、そしてギルドへの誇りを心に宿し、妖精の尻尾の魂がハデスに巣食う“悪魔”に挑む!!(Amazon紹介より)

  • 雷炎竜。

  • みんな見せ場があったのに、ネコたちだけは、なかった(笑)
    しかも、1番のキーになる活躍だったのに。

    というか、もったいつけた割りには、グリモアハートの出番もなかった。
    「まさか」とかいって、横に思いっきり名前書いてあるし……。

  • 雷句先生…久し振りだなあ…と真っ先に思ってしまってすみません
    前の巻の感想でジュビアが意識無いの勿体ないって言ってたんですが、意識戻ったらなんだかほのぼのした感じに。
    最後の見開き連発が熱いです。カプリコーン登場ありがとう。

  • 最後が技の連発盛りだくさん(^_^)

  • 出つくし感あります。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1977年生まれ。1998年に読み切り『BAD BOYS SONG』でデビュー。1999年より週刊少年マガジンで『RAVE』を連載。2006年より週刊少年マガジンで『FAIRY TAIL』連載開始。2009年に同作で講談社漫画賞を受賞。

「2016年 『ネオ寄生獣』 で使われていた紹介文から引用しています。」

真島ヒロの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×