AKB49~恋愛禁止条例~(5) (講談社コミックス)

著者 :
制作 : 元麻布ファクトリー 
  • 講談社
4.18
  • (21)
  • (18)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 213
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063845860

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 登場した秋元康が乙女座りでなんか笑った

  • そして巻き起こるのコールは「みーのーりー!」
    と、
    1番「みのり」を信じていたは「みのりちゃんと一緒に選抜に入れますように」

    ダッシュ!
    土下座からの、
    「サナギが蝶になる その瞬間を見たくはないですか?」
    アイドルにはなるんじゃなく、
    アイドルに育ててくれる人がたくさんいるんです!

    1万円のチケットが250名分売り切ったら合格!
    249枚しか売れなかったという奇跡から、
    最後の1枚を買ったのは?!
    なにはともあれ250枚完売でしたぁ~!

    実はこの話で泣いた!
    マンガですからね!

    さて、
    「浦川みのり」はどのチームにはいるのかな?かな?
    続く。

    4巻の名言
    「サナギが蝶になる その瞬間を見たくはないですか?」

  • 一冊読んで、前の巻で何が楽しみだったのか忘れてしまいました。
    空かされた感じです」。

  • 9784063845860  190p 2011・11・17 1刷

  • 一度逃げ出したみのりにみんな優しすぎる気がする…。

  • 1日で読んだので感想は6巻で。

  • 優子回良かったです。飾り気ゼロの自然体で、オッサンで、でもAKBのこれからのことを考えていて、子役の頃からがんばってきた優子。優子は二次元になっても素敵です。

  • 少年が女装してAKBに加入するという、色物アイドルマンガの皮を被った熱血スポ根マンガ。
    「女の子が頑張る姿を見ているだけで胸が高まるよね!」というメッセージに充ち満ちた名作に成長しつつあるので、絵柄が好きだったら読んで損ないです。

  • 一万円公演シリーズ、遂に完結。

    見所は、みのりが戻って来た時の岡部の顔、
    みのりのスピーチ、秋元康の話。

    特に秋元Pの「AKBは生き方が公演です」からのくだりは、
    最近、昔の公演や総選挙の動画見て、AKBの人気の秘訣として私も思ってたことなんで、AKBファンじゃない人に読んで欲しい言葉。

    表紙はゆきりんだけど、この巻ではさっぱり活躍してないですww

  • 2011/11/17
    ⇒まんだらけ 315円

全11件中 1 - 10件を表示

AKB49~恋愛禁止条例~(5) (講談社コミックス)のその他の作品

宮島礼吏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする