進撃の巨人(6) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社 (2011年12月9日発売)
3.90
  • (329)
  • (435)
  • (341)
  • (42)
  • (5)
本棚登録 : 4825
レビュー : 231
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063845914

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ◎ダ・ヴィンチ2010年9月号
    「今月のプラチナ本」。

    2012年3月3日(土)読了。

    2012-20。

  • この漫画、1巻に1回ぐらい、呑気になる瞬間があって、それがこの作者の素なんじゃないかと思う。この巻では「急いで陣形に戻らないと」(神様・・・)(女神・・・)(結婚したい・・・)

  • 謎は深まるばかり。

  • 知名度も天上知らずで、実写映画化されるという本作です。
    しかし、序盤の疾走感がやや薄れてきたような気がします。
    前巻ラストに登場した謎の女形の巨人が中心ですが、かなり意図的な引き伸ばし、出し惜しみが見えます。
    人気作が陥りやすい、先細り展開にならないよう祈っております。
    ※個人的な印象的なシーン
    ・落馬無双のアルミン
    ・ほぼ空気のミカサ
    ・回想エピソードでしか活躍しないエレン
    ・結果オーライくさいのにドヤ顔リヴァイさん
    ・一部熱狂的なファンのいるハンジさん。公式では性別まだ不明とのこと。そうなの!

  • 女型の巨人との戦いメイン
    人をヒュンヒュン振り回してるのが印象的だった。死者多数。

    感想記事
    http://utsuyama27.com/shingeki6/

  • 女型巨人編です。

    巨人の正体は?目的は?少しずつ明らかになってくるストーリーに引きこまれます。遂に巨人を捕獲、次巻が気になります。

  • 巨人の謎

  • 女型の巨人との戦い。
    知識があり、エレンと同じような巨人・・・

    エレンを狙う目的は何・・・?

  • 個人的な印象としては、少年漫画というより青年誌系の漫画。

  • 女型の巨人を確保!しかしなぜこいつはエレンを付け狙うんだろう?

著者プロフィール

諫山創は、大分県出身の漫画家。
2006年に講談社のMGP(マガジングランプリ)にて『進撃の巨人』が佳作を受賞。2008年、『HEART BREAK ONE』で第80回週刊少年マガジン新人漫画賞特別奨励賞を、また同年、『orz』で第81回週刊少年マガジン新人漫画賞に入選を受賞。
2009年から『別冊少年マガジン』にて『進撃の巨人』を連載開始し、大ヒット。2011年『進撃の巨人』で第35回講談社漫画賞少年部門を受賞。ゲームやアニメなど様々なメディアミックス展開がなされ、2018年時点で単行本は累計7100万部を発行している。

諫山創の作品

ツイートする