ベイビーステップ(20) (講談社コミックス)

著者 : 勝木光
  • 講談社 (2012年2月17日発売)
4.39
  • (30)
  • (22)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :254
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063846317

ベイビーステップ(20) (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エーちゃんの"試合になったら考えてる余裕はあんまりないし"って考えに、いやいやあれだけ考えてるやん!余裕ないってのは、ボールが着た瞬間に前衛の動きはとりあえず見はするものの、スイングの赴くまま打つことよ(笑)相手コートに入ってラッキー!コースも決まってラッキー!的な別の意味でゾーンに入ってる私のようなものよ!?ああ、あれゾーンか←違う。試合で声を出したほうが気合も入るのかもしれんけど、私はどちらかといえば引いちゃう。女子プロのストロークの時の声もね(^_^;)

  • #182 いつの間に
    #183 ここは何処?
    #184 三昧の力
    #185 もう一つの全国
     インターハイ(視察)編(~#188)
    #186 神田久志
    #187 スマッシュ!
    #188 全日本の頂
    #189 未来予想図
    #190 アピール
    #191 出陣
    番外編

  • プールデート。

  • この先にもまだいろんな道が。

  • ふつうだった

  • 関東ジュニアから全日本ジュニアまでの合間の話。
    トレーニングと情報収集がメインなのはいつもの通りだが、ゾーンに入るためのトレーニングが新しく入ってきたのが面白い。また情報収集としても自分の出ないテニス部の大会への視察という形で行われるのが興味深い。ただ、やや神田の成長の理由に急にページを裂きすぎな印象もあった。
    エーちゃんの性格を利用してテニスそのものでなく進路の話に1話裂くのは本当に上手い構成。

  • 努力している人間にはそれなりの見返りがあるってもんです。

    見所:諭吉君もいいひとやで!

  • いやあ立ち読みしたときに団体戦をやっていて、なおかつスパルタ練習だったのでどうなってしまったんだろうと思いましたが疑問は解決。
    しかしいいところで次の巻に続く…クゥーッひっぱるなぁ

全8件中 1 - 8件を表示

ベイビーステップ(20) (講談社コミックス)のその他の作品

勝木光の作品

ツイートする