ダイヤのA(30) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
4.02
  • (22)
  • (21)
  • (21)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 481
感想 : 17
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063846430

作品紹介・あらすじ

もう一度、あのミットに投げ込みたい‥・・。 捕手・御幸一也との出会いが、少年の人生を一変させる。沢村栄純15歳。己の力を試すため、仲間に別れを告げ、野球名門校・青道の扉を叩く。そこには己のすべてをかけた誇り高き球児達がいた!  王道にして斬新。感動と興奮の高校野球漫画!!


強豪・帝東を破り、秋季大会一回戦を突破した青道。互いに意識し、競い合い、高めあうことで、新チームは成長し始める。三回戦には、宿敵・稲実が上がってくるはず。誓うのは、夏のリベンジ。今、青道ナインの気持ちが一つになる!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 感想
    監督はチーム内競争で切磋琢磨を促してレベルアップを図る。落合との違いを見せたか?

    あらすじ
    七森戦は沢村が先発し、インコースの球を投げられるようになり、復活の兆しを見せた。打線も爆発し、コールド勝ち。次は稲実戦か?

  • 強豪・帝東を破り、秋季大会一回戦を突破した青道。互いに意識し、競い合い、高めあうことで、新チームは成長し始める。三回戦には、宿敵・稲実が上がってくるはず。誓うのは、夏のリベンジ。今、青道ナインの気持ちが一つになる!!(Amazon紹介より)

  • 鵜久森。

  • 沢村くん、インコース投げられて良かった。負けてしまうリスクはあっても、挑戦することで成長する。ギリギリのところだけど、みんながきちんと考えて、一つの方向に進んでいる姿がいい!

  • チームメイトとの温度差を感じ始めた渡辺たち。
    そして沢村復活。
    再び投げれるようになったインコースとアウトコースでエース争いのスタートラインにたった!
    御幸はセリフがくさいけどめちゃくちゃ格好良い。
    稲実は鵜久森との試合、一筋縄ではいかなそう。

  • 登録番号:11387 分類番号:726.1テ(30)

  • 栄純初先発~!!
    261話と264話はやばいですね!
    うれしくてうれしくて、どうしたらいいのか分からなくて爆笑してしまいました(笑)

  • 栄純良かった\(^o^)/良かった!!稲実はもしかしたらもしかするんだろうか…。しかし栄純が首降ったのって初めて?

  • ★4.5

  • 片岡監督がいちいちカッコいい…!名言だらけ…!

    久々に登場した3年生に興奮した!

    稲実の捕手くんの名前が判明しましたね!多田野くん!

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

出身:香川県、血液型:O型、デビュー 1999年「マガジンFRESH」夏号『メンバー』、受賞歴:第62回新人漫画賞・佳作、コミックス:『GIANT STEP』全4巻、『ダイヤのA』1~41巻(以下続刊)。『ダイヤのA』で第53回小学館漫画賞・少年向け部門、第34回講談社漫画賞少年部門をダブル受賞。

「2014年 『ダイヤのA(41)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

寺嶋裕二の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×