はじめの一歩(99) (少年マガジンコミックス)

  • 講談社
3.56
  • (10)
  • (18)
  • (34)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 307
感想 : 17
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063846539

作品紹介・あらすじ

新型vs.旧型の超高速戦!!
持ち前の性能全開で駆けるルーキー・板垣! だが、時空間を制圧したのはベテラン・冴木!!

高速者(スピード・スター)同士の目に見えぬ攻防!! 勝つのは“空間を制す者”!?
恐るべき速度で動き回る板垣と冴木。無数の左を交わすも両者ことごとく避(よ)ける! 第1R(ラウンド)を終え実力は互角に見えたが、冴木は右腕を使っていなかった! 第2R、怒る板垣を冴木は巧みな攻防で迎撃。リング上の空間を制圧し始める!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • もう99巻ですか、、それにしても意外な表紙だ

  • 最近では板垣くんが準主役ですな

  • -

  • 冴木と板垣の戦い。やたらと速いスピードで走り回り最初は攻撃ができないほど。いくら走り回るとは言え、リングの中ではあまりに不自然。運動場じゃないんだから。マンガでは少し大げさな表現ができるがそれは現実があってからのこと。大げさを利用してリアリティをなくしてはもうコントみたい。さらに冴木は左手しか使っていないことが分かり、右手を使い始めたら板垣は圧倒的劣勢となる。ここで「空間支配」の話が出てきてこれは一理ある。しかし、その後のシリトリをさせたのがリラックスを生み逆転し始めるというのはどうだか。

  • 2014/02/18
    立読

  • 板垣くんのスピードが、どんどんすごいことになっているよ。

  • やっぱりおもしろい!板垣の天才っぷりが大好きだ。

  • 全巻制覇中 だんだんおもしろくなくなってきた。

  • きっかけはアニメなんですが、全巻読んでます。凄い漫画だと思います。作者が何処かで言ってましたが、出てくるキャラすべてが主役級です。色々な思いを抱えて試合に挑んでいく様が細かく描かれていて、どの試合も読んでて面白いです。7月には100巻が出版されますが、話の流れ的に主人公の後輩の試合が掲載されると思う。記念すべき100巻が主人公の試合じゃないってところも凄いかも(-∀-`; )

  • 一歩も次で100巻。小学生の時から読み続けて、まさか鷹村の年齢を超え、トレーナー世代に近づいている自分に驚き。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

出身:東京都、血液型:O型、デビュー:1983年「シルエットナイト」。「週刊少年マガジン」で2作品を連載後、『はじめの一歩』を連載、大ヒットとなる。受賞歴:『はじめの一歩』(平成3年度 第15回講談社漫画賞・少年部門受賞)、コミックス:『はじめの一歩』1巻~107巻(以下続刊)。

「2014年 『はじめの一歩(107)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森川ジョージの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×