金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(1) (講談社コミックス)

  • 講談社
3.57
  • (21)
  • (51)
  • (58)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 573
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063846973

作品紹介・あらすじ

中学時代の同級生、緑川繭に誘われてハジメと美雪が訪れたのは、「昭和の街並み」を再現したかのような山深き村、“仁久井村”。しかし、郷愁を誘うなつかしい風景とはうらはらに、村には凶悪な悪意がひそんでいた。滞在1日目の夜に、村の唯一の出入り口である吊り橋が消失。それは「人喰い研究所」に巣食う「ヒトクイ」が引き起こす連続殺人の前触れに過ぎなかった‥‥。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 未 2 3
    持 1 4 5

  • こういう暗号ものは結構好き

  • 2015/03読了。若い頃愛読してた金田一少年、今は娘が愛読。久々に読みました。筋運びに安定感があります。

  • 金田一少年の漫画が、ミステリ好きになったきっかけかも。
    初期の頃の方が画も雰囲気あって好きだし、最近はマンネリ感もあるけれど、それでも毎回面白い。

  • 金田一少年、昔のより怖くなくなった気が。
    私が大人になったから怖く感じなくなっただけ?

    読んでると、当然のことながら推理するんですが、
    悪い癖で、全キャラになにかしらの役割、因縁があるに違いない!と先入観を持ってしまいます。
    今回は、まじでただの空気なキャラがいて、そんなところも、話の組み立ていまいちだなぁとか思ったのでした。

    やっぱり、リバイバルってろくなことにならない。

  • 中学が一緒だった天才少女・緑川 繭(まゆ)と再会する。
    繭のいた研究所は昭和時代のままで驚く。この研究所は自殺する人が多く出る人喰いラボと呼ばれる。
    そこで起きる事件に金田一たちは遭遇する。久しぶりに金田一少年をみたら絵柄が変わっていた。雰囲気は変わっていないけど、独特な流れで謎を解いていけるか。ごめんいまいちわからん。

  • ヒトクイ研究所。
    昔と変わらず面白いです。
    はじめがカラオケで硝子の少年歌おうとしていたのには笑った!

  • 20周年ともなると眼鏡っ子も今どきに!

  • コンビニで立ち読み〜

  • 本屋に行ったら必ず新刊が出てるかチェックする作品のひとつ。

    ・・・なのになぜか2巻ともに発売されているのに気付かず、12月になって慌てて購入。

    良くも悪くもいつも通り、なのでレビューがしにくい(汗)

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

画家/さとうふみや
漫画家。1991年に「カーリ!」で週刊少年マガジン新人漫画賞に入選し、デビュー。1995年、「金田一少年の事件簿」で講談社漫画賞を受賞した。ほかの作品に、「探偵学園Q」などがある。

「2018年 『金田一くんの冒険 2 どくろ桜の呪い』 で使われていた紹介文から引用しています。」

さとうふみやの作品

金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(1) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×