進撃の巨人(8) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社 (2012年8月9日発売)
4.06
  • (316)
  • (415)
  • (191)
  • (28)
  • (3)
本棚登録 : 4223
レビュー : 181
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063847123

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おもしろーい! 続きも気になる! ハンジが好きです。かっこいいだけじゃない、かっこわるかったり、変だったりするのも含めて、かっこいい人が多いね!

  • 女型の巨人の正体とは…。
    謎が多くなってきてる。

  • 本当にちょっとずつだけ謎が見えてくる感じがいい。最後の、壁の中に巨人がいる、とか。

  • 女型巨人の正体が分かる
    どこかで見たことある顔だと思ったんだけど、まさか貴女でしたか

    ミカサはエレンの為ならどこまで冷酷になれるようで・・
    どこまでエレンラブな子だ

    壁の外に逃げようとする女型巨人を落とすミカサが
    何を考えているのか分からなくて怖い。

    そして女型巨人の中の人は水晶の中に・・・
    彼女の過去にも何かがありそう
    住民を避難させている憲兵団の人が「どこに行ったんだ?」
    など言っているのがなんとも切ない

    巨人化させる薬を持っている人はいったい何人いるんだ

    それに壁の中の巨人怖すぎるよ!

    あと今回はハンジさんが格好良かったです。

  • 女型の巨人と遂に決着かと思いきや……飛び込んできた新事実に驚愕です。
    ハラハラしっぱなし。

  • 一気に謎がとかれ、新たな謎も生まれた巻。
    壁の彼らは人柱としてああなったのかな。
    エレンはアニが好きだったのか・・・余計に切ない戦いでした。

  • そんな。壁の真実、女型の真実。驚愕。

  • 【10巻バレ】
     王政府とウォール教がズブズブで、ウォール教は壁に手を加えることに反対してるのに、壁の秘密を解き明かそうとしちゃったりしてエルヴィンは暗殺されたりしないんだろうか。
     アニは個人主義で自立してる人に見えて、結局幼少期から嫌々父親の言いなりになって生き続けてるんだよなあ。冗談めかして「か弱い乙女」とか言ってるけど実際、父親に愛されたくてやりたくないことをやり続けたか弱い女の子。だからといってアニが大量殺人鬼なのは変わんないし、アニはツンデレで可愛いから許すけどライベルは野郎なのでアウト!というわけにはいかないのだよ…。

  • 【本日のミカサ・アッカーマン】
     「もう一度ズタズタに削いでやる、女型の巨人」

  • アルミン頼レルト

全181件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

諫山創は、大分県出身の漫画家。
2006年に講談社のMGP(マガジングランプリ)にて『進撃の巨人』が佳作を受賞。2008年、『HEART BREAK ONE』で第80回週刊少年マガジン新人漫画賞特別奨励賞を、また同年、『orz』で第81回週刊少年マガジン新人漫画賞に入選を受賞。
2009年から『別冊少年マガジン』にて『進撃の巨人』を連載開始し、大ヒット。2011年『進撃の巨人』で第35回講談社漫画賞少年部門を受賞。ゲームやアニメなど様々なメディアミックス展開がなされ、2018年時点で単行本は累計7100万部を発行している。

進撃の巨人(8) (講談社コミックス)のその他の作品

諫山創の作品

ツイートする