進撃の巨人(8) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社 (2012年8月9日発売)
4.06
  • (316)
  • (414)
  • (191)
  • (28)
  • (3)
本棚登録 : 4222
レビュー : 181
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063847123

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 進撃の巨人8巻

    んー、最初のインパクトが強すぎて、その後の展開が・・・

  • 女型の巨人の正体よりも、壁の中にビックリ、ウォール教って単なる狂信者の集まりと思っていたら、この世界の成り立ちに絡んでるのね。ますます面白くなって次巻が待ち遠しい

  • 八巻でアニが決定的なこと(巨人にされた?)言ってたらしいんだけど
    どのことかさっぱりわからないぜ…


    …そっちには行けない
    私は…戦士になり損ねた(アニ)

    仕方ないでしょ?世界は残酷なんだから(ミカサ)

  • ---

    H25*05*14*Tue 読了

    ---

    うわーん(/ _ ; )

    --あらすじ--

    進撃の巨人 8巻
    リヴァイ班の仲間を殺されたエレンは「女型の巨人」との戦いに挑むが敗北。
    駆けつけたミカサとリヴァイにより救出されるが、「女型の巨人」の捕獲には失敗してしまう。
    壁外調査の失敗と共に、エレンらの王都招集が決まり……。

    --


    可愛いから好きだったのになぁ…
    巨人化したら人間の容姿が形容されるのかなぁー
    アニは可愛い巨人になったし、
    エレンはかっこいいし…うぬー。

    作戦を考えるアルミンはすごいね。

    エレンに言うミカサの言葉が怖くて、重くて。
    かっよかった。

    また新たな謎を作りましたねぇー
    早く解明をーーーー!
    楽しみ。


    End.
    ---

    iPhoneから送信

  • アニメを見て、原作を一気に読んだ。
    漫画とは思えない読み応えだ。

    第31話 微笑み
    壁外調査から1週間以内かな。

    憲兵団は想像以上に駄目な組織だった。
    マルコが入っていたら、失望していただろうな。

    巨人化能力を持つ人間は、人間なの?巨人なの?

    互いに情もあって大切な存在なのに、立場や背負っているものが違い過ぎて、どうしても相容れることができない。
    エレンとアルミンのアニとのやりとりが切ない。
    でもミカサはいつも通り。

    第32話 慈悲
    エレンにアニに対する気持ちを問いただしてるミカサちょう怖いやばい。

    二人ぼっちリヴァイ班悲しい。この回想は帰還後二日目か三日目くらい?

    戦わなくちゃ勝てない…でも、状況の複雑さが見えてくるにつれて、何と戦えばいいのか分からなくなってしまう。

    第33話 壁
    自分が押し潰して殺した人達を見て、エレンの捕獲を放棄したんじゃないかな。アニには、お父さんとのささやかな生活があれば充分だったんだろう。

    第34話 戦士は踊る
    巨人化した後のエレンはやけにかわいい気がして困る。

    この話でハンジに惚れた。

    ジャンはまだミカサのことが好きなんだな。かわいい奴だ。

    アニが眠り姫になって、壁と巨人の関係が少し明らかになって。ちょっとは落ち着くかと思ったらまた新たな展開で、ホントに息つく隙もない。

    会議をしていたのは、巨人発生から12時間後。アニと戦っていた頃に発生したのかな。

  • 女型の巨人の正体は?その疑問が解けるが、新たな謎が生まれる。全く先が読めない。

  • 小指ぶつけると痛いよね。

  • 判事さんもかっこええ。
    みかさのデレ顔も見られて満足な。

  • 壁の中から巨人がががが。
    謎が謎を呼ぶ・・・というよりも、謎の上に謎を重ねてるだけで一歩も前に進んでないだけだよなぁ。
    まさに、彼岸島を思い出すわぁ。

  • 怖いなぁ

全181件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

諫山創は、大分県出身の漫画家。
2006年に講談社のMGP(マガジングランプリ)にて『進撃の巨人』が佳作を受賞。2008年、『HEART BREAK ONE』で第80回週刊少年マガジン新人漫画賞特別奨励賞を、また同年、『orz』で第81回週刊少年マガジン新人漫画賞に入選を受賞。
2009年から『別冊少年マガジン』にて『進撃の巨人』を連載開始し、大ヒット。2011年『進撃の巨人』で第35回講談社漫画賞少年部門を受賞。ゲームやアニメなど様々なメディアミックス展開がなされ、2018年時点で単行本は累計7100万部を発行している。

進撃の巨人(8) (講談社コミックス)のその他の作品

諫山創の作品

ツイートする