さんかれあ 7 (少年マガジンコミックス)

  • 講談社
3.74
  • (9)
  • (22)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 337
感想 : 17
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063847628

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  7巻なので基本構造は割愛。
     わたしの持っている単行本のれあ嬢は、肌の色が鮮やかなのだが…ゾンビ娘としてはサイトの画像が正解なんだろうが、だからこそ現物と色味が違うのは問題な気がしなくもない。

     ZoMA編。
     主人公のおじいちゃんが所属していたゾンビ開発組織。
     ゾンビの凶暴性を抑える可能性を専門機関にかける旅。
     主人公は自分が作った…という事にこだわっているが、メモ通りに調合しただけで理論を理解していたわけではないのにここまで自信を持てるのは・・・。
     
     物語は進む。
     完璧に構成された展開で、衝撃的なラストで次巻へ続いている。
     愛猫を救い、ヒロインも救う希望と絶望をたたき込みながら・・・。

  • 怒涛の展開

  • ついにゾンビ研究所までやってきてしまった訳ですが、
    そして、この娘にしてこの親ありと言う感じの人でしたなあ。
    降谷君が大変な事になってる感じの終わり方でしたが、
    まあ、この先伏線も色々張ってあるので、その辺が回収されて終わりと言う流れかなあとか。
    割と、ある種ゾンビものとしてはハッピーなエンドを迎えるんじゃないかなと勝手に思っておりますが、どうなんでしょうかね。

  •  急展開に、さらに急転直下の物語を積み重ねたすさまじい巻である。こんな引きで次の巻まで待たされたコミックス派の人は、さぞかし地団駄を踏んだことだろう。
     ZoMA編はそれだけ展開して、しかもその展開の途中で投げ出されるのだからこれはきつい。作者さんのサド的サービス精神が光る巻であった。
     ところで、ひさびさに彼が変態らしい変態らしさを見せていたが、そうかなるほど、彼のあの身体的特徴にはそんな使いどころがあったとは。作者さんの目の付け所はシャープです、としか言えない。

     萌路のコスプレも込みで、星五つと評価した。彼女の汚れ仕事を厭わない精神には、感心するものである。

  • ほんとにヒキが上手い。次回どうなっちゃうの。
    あと幼女に噛まれたい。

  • いよいよ謎に近づいてきてるようなそうでもないような…。
    正直、れあちゃんは死んじゃった方がお話としてまとまりが
    つくような気がするんだけどそうはならないよね。

  • 千紘と礼弥はばーぶを連れ、ダリンと共にZOMAへと向かう。こいつら学校どうした。
    ダリン父が登場。あの容貌で父親って。
    新しいゾンビ娘も登場。この子に懐かれて喜ぶ千紘を見て嫉妬する礼弥が可愛い。
    そして衝撃的を通り越して絶望的な状態で次巻へ続く。ここからどう巻き返すつもりなんだろうか。

  • え~?!どうなっちゃうの?

  • 9784063847628  173p 2012・11・9 1刷

  • 実質、終了のような。ここからどう転じていくのか楽しみです。(コミックオンリー派)

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

「さんかれあ」(全11巻 講談社刊)「綺麗にしてもらえますか。」(~5巻以下続刊 スクウェア・エニックス刊)

「2021年 『かいじゅう色の島 1』 で使われていた紹介文から引用しています。」

はっとりみつるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×