AKB49~恋愛禁止条例~(13) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
4.07
  • (9)
  • (14)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 145
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063848496

作品紹介・あらすじ

AKB48が漫画になった!! 男子高生・浦山実は、憧れの同級生・吉永寛子がAKB48のオーディションを受けると聞き、彼女を応援するため「浦川みのり」と名乗り、女装でオーディションに潜入。その甲斐あって、吉永は見事合格するが、なんと、「浦川みのり」も一緒に合格してしまう!! 男子が、ある日突然AKB48の研究生!? 「浦山実」と「浦川みのり」‥バレたら地獄の二重生活スタート!

正規昇格を果たしたものの、いまだ所属チームが未定のみのりたち“GJ”! 秋元Pに希望配属チームを問われ、何が正しい選択なのか思い悩むみのりだったが、「大切なのは行った先で何をするかだ」という先輩、高城亜樹の言葉に迷いが消える。どこに行っても私は、アイドル「浦川みのり」でいるだけです!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 総選挙です!
    意外に高い順位にびっくりですな「浦川みのり」
    そして、
    「吉永寛子」の成長にもびっくり!?
    からの発表!
    「浦川みのり」&「吉永寛子」は国内全兼任だって!
    つまり、
    「AKB」も「SKE」も「NMB」も「HKT」もやるの?!
    と、
    その時の2人のダッシュは確かにまぶしかった!

    13巻にて「吉永寛子」はお父さんとの確執をなくし、
    「浦川みのり」に宣戦布告?!
    どうなるの?!
    好きな、
    推しの、
    「吉永寛子」の活躍に期待!

    続く!

    13巻の名言
    「私が1番可愛くいてみせます!
     問題はありますか?」

  • ”大切なのはどこに行くかじゃない
    行った先で何をするか

    夢はいつだって努力と想いの先にある”

    秋元Pから告げられてたチーム選択に迷っていた時に
    高城亜樹に言われた一言がかなり印象的だった。

  • 実は秘かに読み続けております、AKB49。
    中々しぶといね。一定の面白さは維持し続けています。
    1万円公演で大いに盛り上がりファーストシングルでちょっと盛り上がった。常時盛り上がれるような設定が欲しいな。これからに期待。

  • 総選挙、予想に反してあっさり終わり。秋Pが言ってた神崩しは来年以降ということだったのか。
    ひろこが覚醒して新たなフェーズに入り、さてどうなるGJ。

  • 全兼任だと?

  • 正規メンバー昇格まで。

  • 2013/04/17

全8件中 1 - 8件を表示

宮島礼吏の作品

ツイートする
×