七つの大罪(2) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.93
  • (84)
  • (137)
  • (91)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 1474
レビュー : 63
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063848526

作品紹介・あらすじ

かつて王国転覆をはかったとされる伝説の逆賊・〈七つの大罪〉。今もなお執拗に、そのお尋ね者を追うは、王国の要・一騎当千の聖騎士たち。しかし、切なる想いを胸に秘め、〈七つの大罪〉を捜す一人の少女が現れた時、世界の様相を一変させるとびきりの冒険が始まった! 痛快無比のヒロイック・ファンタジー、開幕!!

王国を救うため、伝説の逆賊〈七つの大罪〉に最後の希望を託す王女・エリザベス。その想いを受け止めた〈憤怒の罪〉・メリオダスは、かつての仲間を捜す旅に同行する。森の奥で眠りふける仲間の少女・ディアンヌと再会。しかし、その喜びは聖騎士・ギルサンダーの襲来に破られた! 激突! 〈七つの大罪〉vs. 聖騎士!! 凶悪すぎる三人目の〈七つの大罪〉も現れ、未曾有のヒロイック・ファンタジー、急加速!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • かつて王国転覆を図ったとされる<七つの大罪>。今なお狙う王国の要・一騎当千の聖騎士たち。森の奥で眠りふけるディアンヌと再開したメリオダスたちの喜びは、聖騎士ギルサンダーの襲来により破られる。

  • 良くも悪くも深く何かが残らない、軽快に楽しめる漫画。
    王道なファンタジー。

    仲間さがしの道程。
    際立つ個性。
    苦楽。
    激しいバトル。
    テンポのよいくせのないコメディ。

    楽しい冒険譚。

  • 久々にワクワクするファンタジーバトルもの。
    鈴木央のファンタジーが読める幸せ。

  • コミック

  • タイトル*七つの大罪(2)
    作者*鈴木央
    出版社*講談社

    王国を救うため、伝説の逆賊<七つの大罪>に最後の希望を託す王女・エリザベス。
    その想いを受け止めた<憤怒の罪(ドラゴン・シン)>・メリオダスは、かつての仲間を捜す旅に同行する。
    森の奥で眠りふける仲間の少女・ディアンヌと再会。
    しかし、その喜びは聖騎士・ギルサンダーの襲来に破られた!
    激突!<七つの大罪>vs.聖騎士!!

    凶悪すぎる三人目の<七つの大罪も>現れ、未曾有のヒロイック・ファンタジー、急加速!!

  • 一巻に続き、二巻も購入。
    バンが登場!

  • 覚悟。あと、医者の娘さん可愛い。

  • テレビアニメが面白くて、借りて読みました。

  • 第6~14話収録。
    聖騎士であり、かつて聖騎士長を務めていたザラトラスの息子・ギルサンダーとの戦いから。彼から受けた刀傷で倒れたメリオダス、その後劇毒を飲むも、何故か傷が塞がり戦える状態に。メリオダスが持つ刀折れの剣が関わる模様。そしてディアンヌと再会しバステ監獄へ向かおうとするが、聖騎士の術によりディアンヌとメリオダスは戦うことに。彼らを守るため、エリザベスが聖騎士と戦い負傷する。術が解かれたメリオダスは聖騎士を倒す。一方、バステ監獄では、聖騎士に囚われていた強欲の罪(フォックス・シン)・バンが脱獄。

  • 【レンタル】やっばり惹かれる部分はなく、イラストも苦手なままなのでレンタル継続はしない。仲間が集まってきたら楽しくなるのかもしれないけど、そこまで読む気もしないので。残念。

全63件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1994年、『Revenge』でデビュー。著作に『ライジングインパクト』、『ブリザードアクセル』、『金剛番長』、『ちぐはぐラバーズ』など。現在、週刊少年マガジンで『七つの大罪』を大人気連載中。

「2018年 『小説 劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木央の作品

七つの大罪(2) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする