ダイヤのA(36) (少年マガジンコミックス)

著者 :
  • 講談社
4.09
  • (20)
  • (19)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 430
感想 : 18
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063848649

作品紹介・あらすじ

もう一度、あのミットに投げ込みたい‥・・。 捕手・御幸一也との出会いが、少年の人生を一変させる。沢村栄純15歳。己の力を試すため、仲間に別れを告げ、野球名門校・青道の扉を叩く。そこには己のすべてをかけた誇り高き球児達がいた!  王道にして斬新。感動と興奮の高校野球漫画!!

秋大ベスト4進出を懸けた王谷戦。覚え立てのチェンジアップを見事に決めた先発の沢村は、試合後半に入りますます躍動! チームの期待を背に、初完投のマウンドへ!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 感想
    落合コーチ、ブルペンの主になり、的確なアドバイスしがち

    あらすじ
    沢村が9回完投し、ベスト4進出。仙泉は成孔に力負けして敗退。沢村が変化球をものにしたことでピッチャー陣も刺激になり、降谷はスライダーを教わり、ノリはシンカーを解禁した。控えを奮起させるためにも紅白戦を行う。

  • 秋大ベスト4進出を懸けた王谷戦。覚え立てのチェンジアップを見事に決めた先発の沢村は、試合後半に入りますます躍動!チームの期待を背に、初完投のマウンドへ!!(Amazon紹介より)

  • 手にした武器を、自分のモノに。

  • 沢村くん、完璧!おめでとう!そこに、闘志を燃やす人多数。いいね、刺激しあう関係。しかし、なんでもがむしゃらにやればいいってものでもないらしい。心強い指揮官2名。2人の方向性が一致しているのかは謎だけど、部内戦でそのあたりも見られそうだ。

  • 沢村完投・・・!
    少しだけ調子に乗ったけど、その後は監督の教え通り今ある武器に磨きをかけると決めた沢村が格好良い。
    そして客席が「おしおしおーし」って言ってて笑った。
    落合監督、あまり認めていないようだった沢村、前園、小湊に対しても見方を変えてきてるようだし、だんだん輪に入りつつあっていい人でよかった!
    レギュラー陣と控え選手の紅白戦楽しみ。

  • 登録番号:11393 分類番号:726.1テ(36)

  • 生来のムービングボールに続き、手に入れた強力な武器。チェンジボール。

    剛速球が持ち味の超高校級。
    まさにエースの風格である、降谷。

    それとはまた異なる魅力を持つ主人公の沢村。
    野球漫画の王道とも言える主人公キャラをライバルに持つ彼の奮闘ぶり、活躍が光る。

    そして、それが更なる進化を促す。

    またライバル校たちも次のステージを見据えて着々と準備を始めていて…。


    相手チームとの激闘は当然として、今回もこの漫画は、味方との切磋琢磨が良く描かれている。これがこの漫画の最大の魅力ではないだろうか。

  • 栄純の成長が素直にうれしくて、クリス先輩の気持ちになります。
    勝った試合を三年の先輩が試合観てくれてて、ほめてくれたら、すごく嬉しい。
    片岡監督だいすきです。周りから愛されてるし、片岡監督もちゃんと選手をみてくれてて。
    栄純、やっぱり成長したなあ。

  • カネマール!ワムーラ!が好き。というか、ノリ先輩シンカー投げられるのか!!いやいや、色々あったのですね…。落合コーチがここにきて動き出したけど、どうなるかな?

  • ★4.5

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

出身:香川県、血液型:O型、デビュー 1999年「マガジンFRESH」夏号『メンバー』、受賞歴:第62回新人漫画賞・佳作、コミックス:『GIANT STEP』全4巻、『ダイヤのA』1~41巻(以下続刊)。『ダイヤのA』で第53回小学館漫画賞・少年向け部門、第34回講談社漫画賞少年部門をダブル受賞。

「2014年 『ダイヤのA(41)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

寺嶋裕二の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×