FAIRY TAIL(38) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.92
  • (18)
  • (15)
  • (18)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 492
感想 : 7
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063848762

作品紹介・あらすじ

“魔導士ギルド”‥‥それは魔導士たちに探し物から魔物討伐まで、いろんな仕事を仲介してくれるトコロ! 一人前の魔導士を目指す少女・ルーシィは、火を操る魔導士・ナツと出会い、彼のギルドに誘われる。なんと、そこはルーシィの憧れ、超ブッ飛んだお騒がせギルド「フェアリーテイル」だったのです!!

大魔闘演武・最終バトル‥ついにその幕が下りようとしていた。最強ギルドの名をつかむのは妖精の尻尾か、剣咬の虎か!? 一方、“祭”の裏では世界の命運を左右する事態が! なんと“未来から来たルーシィ”が告げたのは、「一万を超えるドラゴンの群れがフィオーレを襲う」という絶望的未来! その言葉を信じ、ナツたちは絶望回避の突破口を見出そうと抗うが‥。つかめるのはたった一つの未来‥ナツたちは未来を守れるのか!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • お話がぐちゃぐちゃになってきてよく分からん。

  • 大魔闘演武・最終バトル……ついに今、その幕が下りようとしていた。最強ギルドの名をつかみとるのは妖精の尻尾(フェアリーテイル)か、それとも剣咬の虎(セイバートゥース)か!? 一方、“祭”の裏では、世界の命運を左右する事態が!! なんと“未来から来たルーシィ”が告げたのは、「一万を超えるドラゴンの群れがフィオーレを襲う」という絶望的未来!! その言葉を信じ、ナツたちは、絶望回避の突破口を見出そうと必死に抗うが……。つかめるのは、たった一つの未来……ナツたちは未来を守れるのか!?(Amazon紹介より)

  • 読むのは二度目。過去のルーシィが死んじゃうところは感動するね。フェアリーテイルのみんなが大魔道演武でみせた威圧感はすげーなぁ。かっこいいね笑

  • 未来から来ました。

  • 週マガの中でウチが楽しみにしている作品の一つ。相変わらずの王道ファンタジーが素敵だ。大魔闘演武も決着がつき、ここからエクリプスの話でまだまだ盛り上がってまいります♪マガジンでもクライマックスに近づいてるし、いや~熱いですわ♪

  • 最新刊まで読み終わってしまいました。続きは2か月後?待てないです~!

  • 皆かっこよかった!続きが気になる!

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1977年生まれ。1998年に読み切り『BAD BOYS SONG』でデビュー。1999年より週刊少年マガジンで『RAVE』を連載。2006年より週刊少年マガジンで『FAIRY TAIL』連載開始。2009年に同作で講談社漫画賞を受賞。

「2016年 『ネオ寄生獣』 で使われていた紹介文から引用しています。」

真島ヒロの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×