西遊妖猿伝 西域篇(3) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (12)
  • (13)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 124
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063870022

作品紹介・あらすじ

城門の結界のほころびを抜け、妖少女アマルカが粟特城(ぞくとくじょう)の砦に侵入した。同時に、羊頭の怪物たちも再び活動をはじめる。少女の最終目的はなんなのか? 彼女に寄り添う謎の老人の正体は? そして、孫悟空が与えられた“役割”とは? 今、長き魔の夜が始まる! 「粟特城の章」、凄まじいクライマックス! 読む者の少年心を揺り起こすエキゾチック・アドベンチャー、ますます加速!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 騾?豐サ縺励◆鄒翫?蛹也黄縺ョ鬥悶r謖√■蜴サ縺」縺溷ー大ケエ繧定ソス縺」縺ヲ縲∵ぁ遨コ縺ッ邇?・倥◆縺。縺梧ウ翫∪縺」縺ヲ縺?k螳カ縺ク縺ィ縲√◎縺?→縺ッ遏・繧峨★縺ォ霎ソ繧顔捩縺上?ゅ◎縺薙〒縲?ヲ悶°繧牙「玲ョ悶@縺溽セ翫?蛹也黄縺梧垓繧悟屓繧雁ァ九a繧九?らセ雁鴨螟ァ莉吶→繧「繝槭Ν繧ォ縺ョ隰弱?豺ア縺セ繧九?縺九j縲

  • 悟空がどんどんかっこ良くなってきた反面、話のほうは面白さが無くなってきた。登場人物たちに魅力が感じられない(特に玄奘)からだと思う。

  • アムを連れ去るシーンが怖い!

  • 悟浄羨ましいな(・∀・) 悟空は相変わらずカッコ良い。

  • 沙悟浄すき…!

  • 諸星大二郎というだけで星四つ

  • 子どもたちを繋ぐロープに繰り返されるギャグ、物語はあまり盛り上がらないまま、聖天大聖の力も発揮されない、敵とその周りの状況を描いて、次の巻で決戦かなぁ…

  • もう一度1巻から読み直さないと・・・^^;

  • あと半分読まにゃ

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。『西遊妖猿伝』『妖怪ハンター』『栞と紙魚子』『マッドメン』『諸怪志異』『暗黒神話』『孔子暗黒伝』など、数多の作品で唯一無二の世界観を確立。2014年、第64回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

「2020年 『諸星大二郎 デビュー50周年記念 異界への扉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

諸星大二郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

西遊妖猿伝 西域篇(3) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×