聖☆おにいさん(7) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
4.10
  • (537)
  • (639)
  • (339)
  • (18)
  • (2)
本棚登録 : 5643
レビュー : 400
  • Amazon.co.jp ・マンガ (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063870268

作品紹介・あらすじ

目覚めた人ブッダ、神の子イエス。世紀末を無事に越えた二人は、東京・立川でアパートをシェアし、下界でバカンスを過ごしていた。近所のおばあちゃんのように、細かいお金を気にするブッダ。衝動買いが多いイエス。そんな”最聖”コンビの立川デイズ。

目覚めた人・ブッダ、神の子・イエス。下界での生活もすっかり板についてきた……というより、下界に馴染みすぎている“最聖”コンビの立川デイズ。「血の涙を流すマリア像」の秘話、天草四郎とイエスの涙なしには語れないやりとり……、などなど気になる話題盛りだくさん!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • しばらくキリスト教や仏教が分からないと厳しい件が続いていたので
    ちょっと下界っぼい話になって読みやすい。
    …でも、ゼウスって誰だっけな。。

    アウェイな飲み会は、たとえ目覚めた人と神の子でも辛いらしい。

  • 目覚めた人ブッダと神の子イエスは、下界での生活もすっかり馴染み過ぎて居るほどに満喫していた。ブッダが参加することを拒絶するほどの同窓会や、極道さんこと竜二を立川のアパートでおもてなししたりと色々な話題盛りだくさん。

  • ほのぼのゆかいパロと濃い目ネタの間にちょいちょいヤバめの速球をぶち込んでくるから油断ならない。もちろん全面的に笑いますが。

  • 人前で泣くのは恥ずかしいと、
    涙をガマンできるようになったマリア様。

    でも、涙をガマンするたびに
    地上のマリア像が1体涙を流す。

    あの奇跡の裏にはこんなシステムが…[笑]

  • パルテノン神殿が『ボカーン』と爆破されてゼウスが『ジャーーン!!』が一番笑った。イエスの『人の魂もリサイクルしてるもんね・・・・・・究極のエコだと思うよ!』には、笑っちゃいけないような気がしつつも笑ってしまう。

  • 今回もシュール。新鮮味は薄れつつあるが、ますますコアな仏教情報を知れる。聖書はしばらく開いてないから記憶飛んでるけど、こんなエピソードあったっけ?
    イエス派の私です。

  • TSUTAYAレンタル

  • ぜ、ゼウスが・・!
    顔しか出てないのにあのインパクト何?!

    私が今回一番笑った部分はおそらくゼウスです。
    台詞なんか一言も無い、バストアップショットでもなんでもなく、顔のだけなのに存在感すごっ!
    あとは家出と出家・・・たしかに何処が違うんだ;
    意味的には確かに違うはずなんだけど・・・もう凄いよ、センスが。

  • アングリマーラがFFキャラに例えられていた衝撃。

  • ゼウスのPV……

全400件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

中村 光(なかむら ひかる)
1984年生まれ、静岡県出身の漫画家。2001年、16歳(高校1年生)の時に「海里の陶」が『月刊ガンガンWING』掲載され、デビュー。
2004年『ヤングガンガン』創刊号から『荒川アンダー ザ ブリッジ』を連載開始し、アニメ化、テレビドラマ化、映画化される大ヒット作となる。また、2006年『モーニング・ツー』にて『聖☆おにいさん』を連載開始。こちらもきわめて高い評価を受け、2009年に手塚治虫文化賞短編賞を受賞。劇場アニメが公開され、実写ドラマ化も予定されている。

聖☆おにいさん(7) (モーニング KC)のその他の作品

中村光の作品

聖☆おにいさん(7) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする