GIANT KILLING(21) (モーニング KC)

  • 講談社
4.23
  • (147)
  • (138)
  • (60)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 1239
レビュー : 92
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063870473

作品紹介・あらすじ

達海猛35歳、職業サッカー監督。今季より弱小プロサッカークラブ『ETU イースト・ トウキョウ・ユナイテッド』の監督に就任する。現役時代も監督になってからも、好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」!


モンテビア山形の監督・佐倉が起用した“小森システム”。達海はそれを事前に予測し対応していたが、あるアクシデントによって状況が一変、防戦一方になってしまうETU!! キョロキョロと落ち着き無い達海だが……窮地を打開する策はフィールドに転がってるみたい!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なぜか山形を応援している自分に気付く。
    だってサックラー頑張ってんだもん…!

    二人の監督の裏を読もう読もうという競り合いにわくわくします。
    今更ですが監督って、こんな色々作戦練るんですね。

  • TSUTAYAレンタル

  • 選手経験のない監督ってやっぱり難しいんだなぁ。
    選手との信頼関係も作るのも。

  • 選手でも監督でも、タッツミーはやはりピッチ上の王様だ。

  • ケン様ぁぁああ!

    そして私的注目株、殿山投入。
    展開がワクテカ過ぎる!

  • 弱小ながらリーグ戦健闘中の山形。
    精神的支柱でベテランでカリスマのケンのゴール後、
    ドアップになるのが喜ぶ顔ではなく、
    自陣に戻っていくときの後ろ姿なところがすごい。
    ものすごい存在感の表現だと思いました。

    山形の監督を応援してしまう描き方がされてて、
    MF小森のパサー才能の開花は敵ながら喜んでしまう。
    後半残り5分で登場の新外国人は、
    19歳ブラジル人スピード系サイドバック。わくわくするキャラ。

    下位の山形相手の試合はなんか地味と思って読んでたけど、
    何回も読むと面白くなってきました。

  • 凄いドキドキ出来る巻だった…!!うまいなー…はー。
    椿早く復帰しないかね。そんだけ!読めば分かります。笑

  • ケン様カッコイイ。
    その上を行きそうな達海もね。

  • 読了

  • 繝帙?繝?縺ョ螻ア蠖「縺ッ蠕悟濠縺九i蟆乗」ョ荳ュ蠢??繧キ繧ケ繝?Β縺ク縺ィ螟画峩縲?TU縺ッ謾サ繧∫カ壹¢繧九′2轤ケ逶ョ縺後↑縺九↑縺句?繧峨★謾サ繧√≠縺舌?縺ヲ雖後↑諢溘§縺ォ縲ゅ◎繧薙↑縺ェ縺九ヰ繝?※縺阪◆蝣?逕ー縺後Ξ繝?ラ縺ァ荳?逋コ騾?蝣エ縲ゆコ、莉」縺輔○繧医≧縺ィ諤昴▲縺ヲ縺?◆遏「蜈医〒縺ゅ▲縺溘??0莠コ縺ォ縺ェ縺」縺溽峩蠕後↓螻ア蠖「縺ォ蜷檎せ繧エ繝シ繝ォ繧貞・ェ繧上l縺ヲ縺励∪縺??ゆクュ逶、繧貞字縺上☆繧九◆繧√↓谿ソ螻ア繧呈兜蜈・縺吶k繧ゅ?∝アア蠖「縺ォ荳サ蟆取ィゥ繧貞・ェ繧上l蜴ウ縺励>螻暮幕縺ォ縲ゅ◎繧薙↑迥カ諷九r謇馴幕縺吶k縺溘a縺ォ蜿ウ繧オ繧、繝峨↓譁ー蜉?蜈・縺ョ繧ャ繝悶Μ繧ィ繝ォ繧呈兜蜈・縲ゅ&縺ヲ縺薙l縺後←縺?↑繧翫∪縺吶d繧峨?

全92件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1977年北海道生まれ東京育ち。『GHOST』でモーニング誌デビュー。プロ野球を題材にした読み切り漫画『スリーストライクス』で好評を博す。2007年から『GIANT KILLING』連載開始。

「2012年 『GIANT KILLING(24)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

GIANT KILLING(21) (モーニング KC)のその他の作品

ツジトモの作品

GIANT KILLING(21) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする