GIANT KILLING(22) (モーニングKC)

  • 講談社
4.28
  • (166)
  • (131)
  • (61)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 1361
感想 : 92
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063870749

作品紹介・あらすじ

達海猛35歳、職業サッカー監督。今季より弱小プロサッカークラブ『ETU イースト・ トーキョー・ユナイテッド』の監督に就任する。現役時代も監督になってからも、好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」!

★タッツミーVS.サックラー、最後まで途切れることなく続いた知略の競い合いに決着がつく。モンテビア山形編完結!!


達海猛35歳、職業サッカー監督。今季より弱小プロサッカークラブ『ETU イースト・ トーキョー・ユナイテッド』の監督に就任する。現役時代も監督になってからも、好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」!★タッツミーVS.サックラー、最後まで途切れることなく続いた知略の競い合いに決着がつく。モンテビア山形編完結!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • お、終わった……。
    読み進めるのは楽しかったが長い試合だった。
    山形チームかなり好きになってしまいました。監督いじりが楽しそうすぎる。

    そして川崎戦がはじまる。
    相変わらずチャンスがかわいい。
    …ETUのベテラン勢のキャラが好きです。
    しかし村越さんが若い元タレントの奥さんを持っていたとは。

  • 山形戦終了。
    そして村越の嫁さんの存在についてふんわり。

    比較的大人しく黙々と読むタイプだと思ってるんだが、今回だけはピーピー騒ぎながら読んでしまった。
    良い試合!

    次も楽しみー☆

  • モンテビア山形戦、ついに最終局面!勝つのはどっちだ??
    そして強剛川崎フロンティアとの対決。

    どちらも目が離せない展開の連続です。

    気が付けばあっという間に22巻、
    しかもアニメにも好評のうちに終わり、個人的には
    アニメの第2シーズンも期待したいところでは
    ありますがまぁこちらは最初からコミックで
    注目していたのでそれは置いておきましょう。

    このレビューを観ていただいた方で
    この作品を読んだことのない、サッカー漫画ファンの方には
    ぜひ読んで欲しい作品の一つです。

    なぜお薦めかというと基本的に主人公が監督ってこと
    監督が主人公でも選手たち1人1人が個性的で
    飽きさせない。
    そして下位チームだったETUが徐々に強くなっていく展開が面白い。

    この作品のジャイアントキリングというタイトルは
    「弱いものが強いヤツに打ち勝つ」といった意味があり
    タイトル通りそんな展開のストーリーがわくわくしてしまいます。

  • 山形戦、残り10分。カウンターの応酬!達海、最後のカードを切る。達海は相手選手の性格も見抜いた上で、新戦力が最大限に生かされるタイミングで投入。読みは的中した。やはりまだ相手を出し抜くという嫌な奴っぷりは達海の方が一枚も二枚も上手かもしれない(笑)でも、山形が「小森システム」を磐石なものにしたのなら、この先、厄介なライバルになりそうだ。最後のタッツミーとサックラーの会話も良かった。良い締め方だった。次の見所はスポンサー問題?クラブ運営陣の戦いにも注目。

  • いよいよ山形戦も大団円。殿山とガブリエルという夏の新加入選手がチームをどう変えるか。
    ジーノや夏木といった古参の選手もいい味出してる。
    笠野と田沼の会話はどう繋がっていくか。
    そして、続いて川崎戦。そこに登場するスポンサー。そう、プロスポーツはスポンサーも欠かせない要素なのよねぇ。

  • 夏木のあの瞬間にぞくぞくした。

  • 読了

  • 繧「繧ヲ繧ァ繧、縺ァ縺ョ螻ア蠖「謌ヲ繧らオら乢縲る?比クュ謚募?縺励◆繧ャ繝悶Μ繧ィ繝ォ縺悟承繧オ繧、繝峨r蛻?j陬ゅ″螻ア蠖「縺ョDF縺ォ邯サ縺ウ縺瑚ヲ九i繧訓K迯イ蠕励?ゅ◎繧後r繧ク繝シ繝弱′豎コ繧√※蝨溷」??エ縺ァ蜍昴■雜翫@縲よャ。縺ッ繝帙?繝?縺ァ縺ョ蟾晏エ取姶縲ゅせ繝昴Φ繧オ繝シ繧よ姶縺?険繧翫r隕九↓繧?▲縺ヲ縺阪◆縲ょ??逕ー繧貞?蝣エ蛛懈ュ「縲∵搗雜翫r莨鷹、翫〒谺?縺上↑縺九〒ETU縺ョ螳亥y髯」縺ッ縺ゥ繧薙↑謌ヲ縺?険繧翫r隕九○縺ヲ縺上l繧九?縺九→諤昴>縺阪d譌ゥ縲?↓螟ア轤ケ縺励※縺励∪縺?∪縺励◆縲
    螟ァ螂ス縺阪↑ETU縺ィ螟ァ螂ス縺阪↑繧ュ繝ァ繝シ繧ウ縺。繧?s縺ィ縺ョ髢薙〒謠コ繧後k繧ウ繝シ繧ソ縺悟セョ隨代∪縺励>縲

  • 達海と佐倉の知略を尽くした闘い、決着!!モンテビア山形戦、最終局面!!残り時間わずか、勝利の女神が微笑むのは……!?――最後の切り札・ガブリエルは送り込まれた!達海が託した、謎のサインとともに――。ゲームは再び沸きかえり、知略をめぐらした戦いは、劇的なフィナーレへ!!そして次戦、厄介なスポンサー様が観戦するまたまた大変な試合になりそうで……。(Amazon紹介より)

  • 読了

全92件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。1977年、北海道生まれ東京育ち。2003年、雑誌「モーニング」(講談社)から『GHOST』でデビュー。2007年、『GIANT KILLING』の連載がスタート。単行本は現在57巻。

「2021年 『GIANT KILLING 名シーンで振り返る 戦い抜くメンタル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツジトモの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×