へうげもの(14) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
3.86
  • (22)
  • (62)
  • (35)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 479
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063870756

作品紹介・あらすじ

あるときは信長、秀吉、家康に仕えた武士。またあるときは千利休に師事する茶人。そしてまたあるときは物欲の権化。戦国~慶長年間を生き抜いた異才・古田織部。甲冑、服飾、茶、陶芸、グルメetc. お洒落でオタクなこの男こそ、日本人のライフスタイルを決めちゃった大先輩だ!!


政権奪取へ多数派工作に余念のない徳川家康。濃緑茶&緑釉器を得て、数奇の天下へひた走る古田織部。長い道のり踏み越えて、いよいよ関ヶ原開戦前夜。戦国史上最大のトピックを山田芳裕史観で描きます。ゴキジェットカラーが目印にて候。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • たまの最期がどーしても嫌…。独特の解釈が醍醐味のひとつだけれどもここはちょっと。忠興の語り口でたまの最期を説明させた方がマシだったと思う。前回出てきたときとたまのキャラ違うし。「ダァロちくしょ」「細川たわけぇ」のやり取りは好き。

  • 髢「繝カ蜴溘?謌ヲ縺?燕縺ォ螂ウ譁ュ縺。縺励◆螳カ蠎キ縺瑚セ帶干繧ソ繝槭Λ繝ウ縺ァ證エ逋コ縺励◎縺?□?√??縺昴?螂ウ螂ス縺阪?諢溘§縺後?御ソ。髟キ蜊泌・乗峇縲阪?螳カ蠎キ縺上s縺ォ縺ゥ縺?@縺ヲ繧り「ォ縺」縺ヲ縺励∪縺」縺ヲ莉墓婿縺ェ縺??ゅ?後&繧医↑繧臥オカ譛帛?逕溘?阪?譛ィ逶ョ驛ィ縺ィ縺九b諤昴>蜃コ縺励◆縲
    縺ゅ→縲∝ウカ豢・鄒ゥ蠑倥→遏ウ逕ー荳画?縺ョ蜿」隲悶?蜴溷屏縺ッ險帙j縺具シ溘??縺昴%縺具シ√??莉雁屓繧ゅ→縺ヲ繧る擇逋ス縺九▲縺溘?

  • いよいよ大詰めですなあ!?

  • 関ヶ原の合戦開戦前夜になり、更に面白くなってきた。東西両陣営の攻防が激しくなってきた。

  • 14

  • 今回も佐竹や石田三成の兄やらなかなかいいところを突いて、飽きさせませんね。

  • 読了。

  • 歴史には疎いけどそれでも楽しめる。

  • 2012/06/14:コミックレンタルにて読了。

  • もうすぐ関ヶ原・・・のあたり。色々工作していますが、情報量が多くて読むのが大変。ガラシャの最期に驚き・・・でもにやっとしてしまった。
    家康はもう王者の顔に見える。

全36件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1968年、新潟市生まれ。大学在学中、「ちばてつや賞」に『大正野郎』で入賞。コミックモーニング(当時)より、同作品でデビュー。『デカスロン』『度胸星』『へうげもの』など、斬新な着想、大胆な描写で、野心作を世に放ち続けている

「2019年 『望郷太郎(1)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田芳裕の作品

へうげもの(14) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする